爪水虫

爪水虫ってなに?~症状と対処法をおしえます~

爪水虫に悩まされている人は、日本で1200万人以上います。60代以上の人がかかることが多く全体の40%にのぼります。爪水虫の特徴や症状をふまえながら対処法を教えます。

爪水虫ってなに?

まず爪水虫とは何かということを知ってください。白癬菌というカビの一種が爪の中に侵入して発症する病気です。爪の中ですので処置するのも難しく治すのに時間がとてもかかります。

爪水虫の特徴

爪水虫は、水虫の中でも一度発症すると治りにくい病気とされています。症状としては、爪が白っぽくなり変色します。さらには爪が分厚くなりぼろぼろ爪が崩れてくる場合もあります。爪には神経がないので痛みやかゆみを感じにくくきちんとみないと気づかないということがあります。爪水虫になったひとのほとんどの人は足に水虫を患っており爪水虫になると他部に感染もしやすくなります。

爪水虫の対処法

爪水虫になったら必ず皮膚科を受診してください。しかし初期の場合だと対処の仕方もあります。

〇お風呂では入念に爪の中まで洗う!

皆さん案外やっていないことです。忙しいとぱっとお風呂をすませ洗い方が雑になっていませんか?爪の中、指の間までしっかりと洗いましょう。水虫用せっけんもありますのでそれも使ってみてもいいかもしれません。

〇足湯

時間があるときは足湯をして菌を殺しましょう。もちろんお湯はきれいなものを使用してください。温泉街にある足湯は、逆効果ですので気を付けてください。

〇靴を履き替えたり、通気性の良いものを履く

毎日同じ靴を履かないようにしましょう。1日はくと汗をかき蒸れやすく水虫が発生しやすいです。一日履いたら履いた靴は外に干し乾燥させてください。
また女性の場合ストッキングやネイルをするなど通気性の悪くなることは控えめにしておきましょう。

・さいごに
以上対処法をいくつかお伝えしましたがあくまで緊急措置にすぎません。時間が空いたときに必ず皮膚科や病院を受診するようにしましょう。