酒さ皮膚炎

酒サ様皮膚炎について

酒サ様皮膚炎は顔面にステロイド外用剤を長期間使用した後に見られる副作用である。
患者が自分でステロイド軟膏を薬局で購入した場合や、専門でない医者が不注意にステロイド軟膏を処方したケースに見られる。ステロイド軟膏は炎症を抑えるには劇的な効果があるが、同時に皮膚の血管を収縮させ表皮を薄くする。
ステロイド外用剤を使っている時は、赤みが消え肌はすべすべするが、それを止めると皮膚が赤くなる。そのままステロイド軟膏を使い続けていると、口の回り、鼻の回り、頬や目の回りなど顔面全体が赤みを帯び、ほてり感が強く、ニキビ様のブツブツもできる。これを酒サ様皮膚炎といい、患者は薬の副作用ではないかと心配になり専門医を訪れる。