口唇ヘルペス

口唇ヘルペスの治療・診察

新宿にある皮膚科の当院では、口唇ヘルペスの治療も行っています。口唇ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスによって、唇や口のまわりに水ぶくれができてしまう症状のことです。

ヘルペスとは医学用語で「水ぶくれの集まり」という意味ですが、文字通りプツプツとたくさんの水ぶくれができます。水ぶくれは一定期間後にかさぶたになりますが、顔面にできるということもあり、いやが上にも目立ってしまいます。

感染と再発を繰り返すことが特徴で、免疫があるはずなのに何度もかかる人もいます。二度目、三度目は比較的軽症のことが多いとはいえ、クセにならないようにしっかりと治療をすることも大切です。

口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスは皮膚に単純ヘルペスウイルスが感染することで引き起こされます。感染後、単純ヘルペスウイルスは口のまわりの神経細胞の中に潜み続けチャンスをうかがっています。

潜伏期間はヘルペスの症状は出ませんが、免疫力が低下すると発症してしまいます。かぜ、胃腸障害などが引き金になることも多々あります。

また、紫外線の浴び過ぎ、ストレスの溜まり過ぎ、睡眠不足なども誘引になります。

早めの治療が肝心な病気でもあるので、口のまわりにいつもと違う違和感を覚えたら、できるだけ早く皮膚科を受診するようにしましょう。

病例

口唇ヘルペスは口のまわりにチクチク、ムズムズといういつもとは違う感触を覚えることからスタートします。その後、だんだん赤く腫れてきて、数日後には水ぶくれとなり、また何日かたつとかさぶたになって、これが乾いてはがれれば治ります。

これらの症状が出ている時には単純ヘルペスウイルスを大量に排出しているので、注意して過ごすことが必要です。感染者のキスや、感染者の唇に触れた手で口のまわりを触ることなどで感染します。

とくにまだヘルペスウイルスに免疫がない幼児や抵抗力が弱いシニアは感染しやすくなっているので注意しなければいけません。

口唇ヘルペスの治療方法

口唇ヘルペスの治療はウイルスの増殖を抗ウイルス薬を内服して抑えることが中心になります。一般的に1日に2回、朝夕の夕食後に内服します。痛みが強ければ、鎮痛剤をあわせて飲む場合も結構あります。赤みだけではなく痛みが出てしまうとそれだけ飲む薬も多くなるなど、身体に負担もかかります。

初期段階で治療をスタートすることができれば、治るのもそれだけ早くなります。症状が軽微なうちは内服薬を使用せず、抗ウイルス薬を塗布するだけで症状が出ないケースもあります。

身体に優しい治療を選択するためにも、早めの受診が大切なのです。

口唇ヘルペスの改善例

口唇ヘルペスは再発なのか初感染なのかでも症例は異なります。

初感染の場合には口のまわりの広い範囲にたくさんの水ぶくれが出現し、大きいものでは5mm大にもなります。あごの下のリンパ節の腫れや発熱なども見られ、重くなりがちです。

いずれにしても、ヒリヒリして赤くなり、水ぶくれができてかさぶたになってはがれるという一連のプロセスには2週間ほどかかるようになっています。

費用

口唇ヘルペスの治療費は3割負担で、初診料や飲み薬も含めて、合計3000円前後になります。

抗ウイルス薬は、比較的高価な薬ですが、ジェネリック医薬品も発売していおりますので、医師とご相談するとよいでしょう。

診察までの応急処置

口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスは非常に感染力が強いことが特徴です。

人と人の直接の接触ではもちろんのこと、ウイルスがついているタオルを使用しただけでも感染してしまいます。そういった感染を防ぐ意味でも、口唇ヘルペスが疑わしい場合にはただちに患部に絆創膏を貼るようにしましょう。

口唇ヘルペスは日光に当たることでも悪化するので、それを防ぐこともできます。

しかし、もちろん絆創膏を貼るだけでは十分な治療にはなりません。できるだけ早く皮膚科を受診してしかるべき治療を受けることをおすすめします。

再発予防

一度単純ヘルペスに感染すると免疫ができることは確かです。

しかし、免疫ができても隙さえあれば再発を繰り返すのが口唇ヘルペスの特徴です。抵抗力が低下しているとどうしても再発してしまいます。ですから、再発を予防するためには免疫力を高める生活を心がけることが大切です。

睡眠を十分とって疲れやストレスをできるだけためないようにしましょう。栄養バランスの整った食事を腹八分目にとることも、免疫力向上にはかかせません。

適度な運動を習慣にして新陳代謝を活性化することも再発予防には役立つはずです。