アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について

かゆみを伴なう湿疹が、身体の様々な部位にできるアトピー性皮膚炎。
命にかかわる病気ではありませんが、慢性的な強いかゆみは、不眠を引き起こしたり、ストレスの原因になるなど、患者さんのQOL(生活の質)を著しく低下させるものです。
最近は、子どもだけでなく、大人にも増えている病気です。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期に発症することが多く、慢性的な経過をたどりますが、成長するにつれて治ってしまうことも多くあります。ただ、子ども時代にアトピー性皮膚炎を患っていた人が、大人になって再発するケースも増えているようです。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は非常に複雑です。
「もともと遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質」、「ドライスキン(コラム参照)」、
「アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)が周囲にある」、「ストレス」、などといった要因が絡み合うことで発症すると考えられています。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の根治は難しく、対症療法が中心となります。
治療を地道に取り組むことで、症状を軽減させることは充分可能です。

疹の改善

かゆみの元となる湿疹を改善するために、軟膏などの外用薬を患部に塗布する治療が行われます。用いられる薬は、ステロイド外用薬や非ステロイド系外用薬などです。また免疫抑制薬の含まれた軟膏もよく使われています。
ステロイドによる副作用を心配される患者さんもいますが、患者さんの症状にあったものが使用されますので、医師が処方した用法・用量をきちんと守れば、心配することはありません。
また、抗ヒスタミン薬などの内服薬は、かゆみを軽減させる効果があります。

アレルギーの抑制

アレルギー反応を抑制するためには、皮膚の湿疹を引き起こしている原因物質=アレルゲンを突き止める必要があります。検査や問診によりアレルゲンが特定された場合は、その物質を避けた生活を送るようにします。アトピー性皮膚炎のアレルゲンの多くは、イエダニやハウスダストだといわれています。

皮膚の保護

乾燥した皮膚は、外部からの刺激に非常に弱くなっています。皮膚が乾燥しないように、保湿クリームなどを用いて毎日こまめにスキンケアを行います。
また、できるだけ皮膚の刺激になるものを避けることも必要です。

気をつけたい悪化要因

 これらは皮膚を刺激し、湿疹を悪化させることがあります。
 ・夏の高温多湿・・・汗をかきやすくなるため
 ・冬の乾燥
 ・紫外線
 ・大気汚染
 ・プール・海・・・塩素や塩分が刺激になる
 ・医薬品
 ・シャンプー
 ・リンス
 ・入浴剤
 ・洗剤
 ・塗料
 ・イエダニ
 ・ホコリ
 ・ゴキブリ   など