アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について

かゆみを伴なう湿疹が、身体の様々な部位にできるアトピー性皮膚炎。
命にかかわる病気ではありませんが、慢性的な強いかゆみは、不眠を引き起こしたり、ストレスの原因になるなど、患者さんのQOL(生活の質)を著しく低下させるものです。
最近は、子どもだけでなく、大人にも増えている病気です。

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期に発症することが多く、慢性的な経過をたどりますが、成長するにつれて治ってしまうことも多くあります。ただ、子ども時代にアトピー性皮膚炎を患っていた人が、大人になって再発するケースも増えているようです。アトピー性皮膚炎という言葉自体は新しいものとなりますが、意外にアトピー性皮膚炎という病気自体は古いのではないかと言われてもいます。

アトピー性皮膚炎と命名されたのは約100年前になり、日本では約60年前に普及されるほどの新しい言葉となりますが、それ以前にもアトピー性皮膚炎ではないか?と悩まされている患者は多く、文献を通して推測されるのものではローマの時代にもアトピー性皮膚炎の症状で悩まされてた人がいたのではないかという症状が多々あります。その後、医学士などの研究者達によりアトピー性皮膚炎の研究が進み、具体的な治療法や緩和法が発表され今に至ります。

まだまだ、不明な点は多いもの昨今では更に研究も進み未だに明らかになっていない原因も、ある程度は判明をしてきたという事もあり薬の改善や開発が進んでいるため多くの患者様に普及し始めています。他の特症状として最も多いのは強いかゆみで治まったと思ったら再発をするという患者様にとっては非常につらい病気となります。

徴として挙げられるものは強いかゆみを我慢が出来ずに爪などで強く掻き毟ったことによる傷、その傷から少しべたべたした体液が溢れ出るという事が挙げられます。

アトピー性皮膚炎の段階

乾燥

乾燥による弱いかゆみ

掻いてしまったことによるぼつぼつした湿疹が浮き出る

湿疹による強いかゆみ

強いかゆみに耐えれず掻きすぎたことにより湿疹が潰れ皮膚のただれから体液が溢れる

上記のような流れとなり良くなり始めたと思えば、同じ症状を繰り返すと非常に厄介な病気となっています。

これらを乳幼児期に繰り返していき成人後には症状がなくなっている人も多くいますが、過去にアトピー性皮膚炎を患った事がある方はアトピー素因(アレルギー物質に過敏に反応が出やすくアレルギーを起こしやすい体質)となるため、ストレスや不眠、疲れ等によってアトピー性皮膚炎の症状が出てしまうことがあります。

アトピー性皮膚炎の原因

多因子性の病気となれ、環境や食べ物、生活習慣の様々なものが複合されアトピー性皮膚炎の症状になるかゆみや皮膚のただれとなり繰り返すものとなります。これらの原因は乳幼児期と成人期では多少異なるため、現在アトピー性皮膚炎で悩まれている方は注意が必要です。

乳幼児期によるアトピー性皮膚炎の主な原因となるのは食べ物やハウスダスト、ダニといった環境要因や食べ物が主な原因となります。乳幼児期でも2~3歳の子どもに関しては食べ物が原因の多くを占めます。

その理由としては食べ物を食べた後に消化をする能力がまだまだ弱く未熟なため、食べ物に含まれるアレルギーに対してアレルギー反応が出やすくアトピー性皮膚炎を引き起こしやすくなります。

アレルギーになりやすい食べ物として例となるのが、卵や乳製品、子どもによっては大豆類や麦類にもアレルギーが出ることもあるため注意が必要です。ただ、成長につれて消化能力がも発達をしていくので食べ物によってのアレルギーが改善されたという事も多くあります。

食べ物に対してのアレルギー反応がない子どもは環境要因となるハウスダストやダニ、カビといったものが原因となっている可能性が高くなってきます。昨今、ピティロスポロムという菌に対してアレルギー反応が出る人が増えてきているという報告もあります。

ピティロスポロムという菌はカビの一種となり人間の皮膚にもいるもので顔を含めて上半身に存在しかゆみの原因になりやすいものです。環境要因の場合には非常に日々のケアが大変ですが、空気清浄器などを使用したりシーツなどの身体に触れるものはなるべく毎日取り換えるなどをして清潔を保つことで緩和されることもあります。

成人後には主な原因として疲労感や悩み、ストレス等によりアレルギー反応が引き起こりアトピー性皮膚炎の症状が出ることがあります。女性の場合だと化粧品などの刺激物なり湿疹が出たりすることでかゆみを引き起こすことがあります。それらは原因となるものが改善されたことで治ったり治まる事もあります。

4月などの生活や環境が変化しやすい時期には特にアトピー素因を持っている人が症状が出たりすることがありますが環境に対して慣れてきた頃には症状がなくなり治まります。

 


アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の根治は難しく、対症療法が中心となります。
治療を地道に取り組むことで、症状を軽減させることは充分可能です。

疹の改善

かゆみの元となる湿疹を改善するために、軟膏などの外用薬を患部に塗布する治療が行われます。用いられる薬は、ステロイド外用薬や非ステロイド系外用薬などです。また免疫抑制薬の含まれた軟膏もよく使われています。
ステロイドによる副作用を心配される患者さんもいますが、患者さんの症状にあったものが使用されますので、医師が処方した用法・用量をきちんと守れば、心配することはありません。
また、抗ヒスタミン薬などの内服薬は、かゆみを軽減させる効果があります。

アレルギーの抑制

アレルギー反応を抑制するためには、皮膚の湿疹を引き起こしている原因物質=アレルゲンを突き止める必要があります。検査や問診によりアレルゲンが特定された場合は、その物質を避けた生活を送るようにします。アトピー性皮膚炎のアレルゲンの多くは、イエダニやハウスダストだといわれています。

皮膚の保護

乾燥した皮膚は、外部からの刺激に非常に弱くなっています。皮膚が乾燥しないように、保湿クリームなどを用いて毎日こまめにスキンケアを行います。
また、できるだけ皮膚の刺激になるものを避けることも必要です。

 

当院でのアトピー性皮膚炎の治療法

当院では新宿区内の皮膚科でも医師の常勤が5名と医師数が多く当院にご来院された患者様をお待たせしない体制を取っております。また、女性の患者様のためにも当院では女性の皮膚科医もおり女性の方にもご来院をしていただきやすい環境を整えております。

当院の院長である蓮池林太郎医師は日本皮膚学会にも所属をしており、日々最新の治療を学びアトピー性皮膚炎含めた皮膚病患者様のために精進しております。

新宿西口から徒歩1分と駅からも近く、予約なしでも夜も19時までにご来院いただければ診察を致しますのでお仕事終わりなどでも通えるようにしております。

新宿や西新宿の皮膚科として多くの患者様の悩みを解決し通いやすいクリニックを目指していきますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

気をつけたい悪化要因

 これらは皮膚を刺激し、湿疹を悪化させることがあります。
 ・夏の高温多湿・・・汗をかきやすくなるため
 ・冬の乾燥
 ・紫外線
 ・大気汚染
 ・プール・海・・・塩素や塩分が刺激になる
 ・医薬品
 ・シャンプー
 ・リンス
 ・入浴剤
 ・洗剤
 ・塗料
 ・イエダニ
 ・ホコリ
 ・ゴキブリ   など