湿疹

湿疹について

皮膚は人間のからだのもっとも外側にあり、直接外界と接触していますから、体外のさまざまの物質の作用や力をいつも受けています。そのなかで、刺激物やかぶれやすい物質に触れておこる反応が湿疹または皮膚炎です。

湿疹の症状

病院に行くべき症状 急に症状が出た、何による刺激か思い当たらない、腫れもかゆみもひどいといった場合、原因を確かめる必要があります。皮膚科専門医などを受診しましょう。

以下の症状の際には、早めにかかりつけ医、専門医を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎が疑われる場合

はっきりとした原因が、いまなお特定できないといわれるアトピー性皮膚炎は、早期発見と治療が必要です。以下が思い当たる場合は、専門医を受診するとともに、食生活をはじめとした生活習慣の見直しも行いましょう。

・かゆみの強い湿疹がなかなか治らない ・皮膚全体がカサカサしている
・再発を繰り返す ・湿疹の出る部位に特徴がある(耳、顔、首回り、わきの下、ひじの内・外側、ももの付け根、膝の表・裏側) ・親にアレルギー疾患がある

内臓疾患や悪性腫瘍が疑われる場合

湿疹やかぶれの原因として、ごくまれに、原因が体の内部にある場合もあります。糖尿病、腎臓病、肝臓病、悪性の腫瘍などの症状の一つとしてかゆみや湿疹が起こる場合です。次のような場合は、元となっている病気を早急に治療する必要があるため、かかりつけ医や皮膚科専門医などを受診しましょう。

・激しいかゆみがあるとき  ・広い範囲に病変がある場合
・毎年同じ時期にできる場合  ・発熱や倦怠感などを伴う場合