蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹とは、激しいかゆみを伴い、皮膚が蚊に刺されたように、赤くなり腫れ盛り上がる病気です。地図のように不規則な形や米粒くらいの円形の大きさなどい ろいろな形状になります。数時間くらいで消えて、また違う場所に出現することが多く、体にできる部位も一定ではありません。通常は24時間以内に発疹はお さまります。発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合は慢性じんま疹と呼ばれています。皮膚の真皮にある肥満細胞がヒスタミンという物質を作り出し、か ゆみとともに毛細血管が拡張して、血管の透過性が高まり、皮膚の浮腫を起こさせ、皮膚を盛り上がらせます。 5人に1人が、一生に一度は経験することがある頻度の高い病気です。

蕁麻疹(じんましん)の原因

原因は、食べ物、ほこり、精神的なストレス、日光、圧迫摩擦などの物理的刺激、薬、ウイルスや細菌による感染症など様々なものあります。薬や食べ物が原因 となる場合はアレルギー性のことが多く、再度、原因の薬や食べ物を摂取すると、繰り返し症状が出現します。しかし、それ以外の場合は、じんま疹が出る仕組 みははっきりとわかっていません。最近になりマスト細胞に作用してヒスタミンを分泌させる自己抗体が原因の場合があることもわかってきましたが、慢性じん ま疹の約80%は原因不明といわれています。

蕁麻疹(じんましん)の症状

蕁麻疹の多くは、強いかゆみとともに身体の部位に、赤みががった、みみずばれのような発疹が急に出現します。かゆみが強いためにかくと、蚊に刺されたよう に、引っかいた部位がみみずばれのように腫れることもあります。じんましんの症状には、焼けるような熱さやチクチクとしたりすることもあったり、悪化する と痛みを感じることもあります。どうしようもないくらい強いかゆみを感じることが多いのですが、実は存在感がありながら、かゆみをあまり感じないこともあ り、一目でじんましんになったと判断することは難しいです。症状は通常、24時間以内には痕(あと)を残さないで、きれいに治ってしまいます。数日間は新 しい発疹が続くことがあり、慢性化することもあります。一般にいわれるほど、肝臓など内臓異常の頻度は高くありません。