にきび

にきび について

にきびは、医学的には「座そう」といい、英語では「acne(アクネ)」といい、誰でも一度はできたことがある肌のトラブルです。毛穴の多い顔にできることが多く、背中や胸のあたりににきびができることもあります。

思春期に出来る事の多い吹き出物の一種。主に顔に出来るが、大人になると背中に出来る事もある。にきびの原因は主にアクネ菌の過剰な繁殖によるものと考えられます。過剰な皮脂で毛穴が塞がれるとアクネ菌が毛穴の中で増殖し、炎症を起こすのです。にきびがひどくなると皮膚組織を破壊しにきび痕としてクレーターのような肌になってしまう。

にきびの原因について

にきびの苦痛に悩んでいる方は多いと思います。新宿、西新宿にお住まいの方やお勤めの方には、当院皮膚科にご来院いただき、にきびの悩みを解消していただいております。

にきびというのは、毛穴に多くの皮脂がたまってしまうことで炎症を起こすものです。
皮脂は肌の乾燥を守るための成分ですが、皮脂の分泌を左右する多くは男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンであるアンドロゲンが肌の脂質を分泌する助けと、さらに角化細胞(ケラチノサイト)を増やす働きを促します。角質によって毛穴が詰まり、そこに皮脂が蓄積されることによってにきびができてしまいます。

男性ホルモンは男性だけに分泌されるものではなく、女性にも作られる物質です。
男性ホルモンが急増する時期が10代の第二次成長期です。そのためにきびは若い男性に多く見られることになります。

成人になってからのにきびでは、ストレスや睡眠不足などの要因によって、間接的に男性ホルモンの分泌を促進させてできるものが多いです。

またバランスの悪い食生活により肌の新陳代謝が悪くなる、皮脂の過剰分泌が原因となってにきびができやすくしています。

にきびの種類について

にきびの病名は、「病尋常性痤瘡」です。
にきびを成長の段階で種類分けするとすれば以下のようになります。

微小面皰(びしょうめんぽう)

にきびの出発点で目に見えないものもあります。細い毛穴の付近に角質がたまり始めて、やがては蓄積し毛穴が塞がります。

白にきび

毛穴が角質でいっぱいになり、出口を失った皮脂などのゴミがその場で蓄積されていきます。肉眼的には白い点のように見えます。

黒にきび

毛穴の内側が皮脂でいっぱいになってしまうと毛穴が開きます。外側に顔を出した皮脂が空気に触れることで酸化され、黒ずんだ状態になります。

赤にきび

毛穴の内側ではアクネ菌が住みやすい環境になっているため、どんどん増殖して炎症を起こしています。いわゆる一般的に言われる「にきび」となった状態です。

黄にきび

毛穴という出口が塞がれて、炎症によって生じた膿がたまった状態です。表面では黄色いにきびに見えます。

紫にきび(結節性にきび)

毛穴の奥に膿と血液の混合物がかたまりとなって残ったものです。指で触っても硬さを確認できます。にきび跡となる大きな原因の一つです。

―にきびの治療法ってどうしたらいいの?―

にきびを気にして予防していてもできてしまうときはできてしまいます。それは、しょうがないことです。
しかしそんなにきびにも治す方法はあるのです。
その治し方を今回は紹介していきます。
大きくは、外用薬を使う場合と使わない場合に分けられます。それぞれについて説明していきます。

外用薬を使う治療って?

外用薬というのは皮膚科などでもらう薬のことです。炎症を抑えたい場合などに塗ると特に効果的につかえます。しかし外用薬を使うに際してメリットそしてデメリットももちろんあります。ここでは一般的によく使う2つの方法についてお伝えします。

抗生物質でにきびを治療しよう

抗生物質は、にきびに力をいれている皮膚科では基本的に第一に選択する方法です。しかし皮膚にあわなかったりして副作用は発生する可能もあります。また炎症をおこしていないにきびには無意味な治療法です。にきびがそれほど多くはなく、皮膚に合い、炎症の起きているにきびには良い治療法です。

漢方を用いた治療法

政府の方針として西洋医学、東洋医学、双方の良い面を取り入れた統合医療の推進を目指すことが発表され、漢方医学が注目されるようになってきました。
漢方は、症状的にすべて治すというのは限りなく0に近いです。しかし症状を和らげるのにはとても有効で、根本的な治療をうけながら漢方治療を行うといった方法が適切です。

外用薬に使わない治療って?

外用薬を使わないで、治療できることもあるのです。それにはいくつかあるのですが、一般的に治療に効果的な方法を2つお伝えします。

ホルモン治療

大人にきびは男性ホルモンの増加によって引き起こされる。ホルモン治療というのは大人にきびにダイレクト働きかけることができる唯一の方法なのです。すぐに治るわけではありません。しかし将来的にみて治していきたいという人にはとてもおすすめの方法です。

レーザーによる治療法

最近多いのが、このレーザー治療。日本の技術も進んでおり簡単に受けられるようになってきています。このレーザー治療は、腫れがひどい場合などにとても有効的です。
しかしこのレーザー治療は長期的改善につながるわけではなく短期的ににきびを消したいときに使うのが効率的に良いです。

にきびの予防方法について

皮膚の清潔を保つこと

毛穴の角質を除去することが一番重要ですので、洗顔は朝晩2回くらいが良いでしょう。
洗顔料をしっかり泡立てて、ゴシゴシこすらないように気をつけ、洗い残しがないようにすすぎます。洗った後はタオルでおさえるようにしながら水分を拭き取ってください。

皮脂が多すぎてもにきびの原因になりますが、乾燥した肌は古い角質を処理できなくなることで、反対ににきびを作ることになります。保湿液などを使って、水分と脂のバランスを整えましょう。

皮脂が多すぎてもにきびの原因に

胃腸に負担をかける脂っこい物や、肌の調子を整えるビタミンB群を消費してしまう甘いものは過剰摂取しないように心がけましょう。

規則正しい食生活

ストレスと睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、皮膚の脂質を増やしたりターンオーバー(皮膚細胞の新陳代謝)を阻害することになります。
しっかりした睡眠とストレス解消が大切です。

自律神経のバランス

ワックスなど付着した髪の毛が皮膚に触れる、マスクで皮膚がこすれるなど、日頃の生活には小さな刺激となるものがたくさんあります。にきびのひどいときは特に配慮が必要です。

にきびにきく食べ・料理

にきびを作らない、増やさないために必要な栄養素はさまざまです。

ビタミンB群

皮膚細胞の新陳代謝を活発にする、皮脂の分泌を調節する役割を持っています。
例)ブロッコリー、納豆、マグロ、卵、レバーなど

ビタミンC

にきびの消炎効果や、抗酸化作用、皮膚細胞の入れ替わりに効果を発揮します。
例)いちご、赤ピーマン、オレンジなど

ビタミンA

免疫機能を高め、アクネ菌に負けない抵抗力を強化します。
例)レバー、しそ、人参など

大豆イソフラボン

男性ホルモンを抑える働きがあり、思春期のにきび対策としては効果的です。
例)豆乳、納豆、豆腐など

食物繊維

便秘予防となり腸内環境の改善に役立ちます。
腸内に便が滞ることで発生する有害ガスは、血液内に入り皮膚に悪影響を与えてしまいます。
例)ごぼうやイモなどの根菜、きのこ類、海藻類など