水虫に似た症状

水虫に似た症状もたくさんある!

水虫と自身で思って市販で買った薬を塗っても治らないというケースもあると思います。それは、実際には水虫ではなく、水虫と似ているものです。では水虫と実際に似ているものを紹介します。

・汗疱
汗疱は、足の裏や指と指の間など水虫と同じようなところにできやすいです。症状として小さな水ぶくれのようなものができます。見た目では水虫わからないので診断するには、皮膚科に行き菌の診断が必要になってきます。

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
掌蹠膿疱症は、汗疱と同様に足の裏や指の間に水ぶくれのようなものができます。その後膿疱となって現れ、皮膚が赤くなったり剥けてきたりします。水虫ととても似ているため間違える人が多くいます。

・疥癬(かいせん)
疥癬(かいせん)は、ダニの一種で人間の皮膚だけでしか生存できません。皮膚に寄生し、ダニの活動時間の夜間には激しい痒みに襲われます。

・皮膚カンジダ症
カンジダ菌という菌が感染し皮膚に発症するものです。爪にも感染することがあり、爪にできる水虫と似ているため間違えるケースもあります。

・アトピー性皮膚炎
アトピーは体全身になることが多いです。痒みは水虫同様強く掻いてしまい跡が残ることが多いです。幼児期に一般的になりやすいですが成人になってからも発症する例もあります。原因としてはいまだ不明なのではっきりと対応策というのがないので治りにくい一種です。

・脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)
脂漏性湿疹は、頭・首・顔・胸・背中・脇の下・陰部など脂がたまりやすいところにできやすいです。そこに赤くカサカサした症状がでたり、境目がはっきりした黄紅色の斑、鼻の周囲に脂っぽく粉をふいた様になり、痒みを伴う病気です。

 

―最後にー
水虫に似た症状・病気はこの他にも多くあります。水虫だと思い間違った対処をしていると逆に悪化してしまうおそれもあります。痒みを感じたり水虫かもっと思ったら必ず皮膚科を受診するようにしましょう。早い段階で治療すれば治りもその分早いです。