とびひ

とびひについて

とびひとは、伝染性膿痂疹という皮膚の疾患で、梅雨時期から夏にかけて多く発症する症状です。すり傷や虫刺され、湿疹、あせもなどを掻き壊したような皮膚の浅い部分にできた傷などに、黄色ブドウ球菌などの細菌が感染することで、水ぶくれ、膿疱という膿が入った水ぶくれ、かさぶたができる病気です。

とびひの症状

水ぶくれや膿疱はすぐに破れ、中の菌が広がり、新たに水ぶくれや膿疱を作ります。とびひは重症化すると、高熱や皮膚が腫れるブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群や、血尿、むくみなどがみられる小児腎炎などを発症します。
とびひには、水ぶくれができ、それが破れる「水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)」と、水ぶくれや膿疱ができた後、厚いかさぶたになる「痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)」があり、とびひの多くは水疱性膿痂疹です。
水疱性膿痂疹の多くは、乳幼児に多く、汗をかきやすく、高温多湿で細菌が繁殖しやすい夏場に発症します。痂皮性膿痂疹は季節や年齢に関係なく発症し、大人に多くみられます。

 

とびひの原因

とびひの原因は、黄色ブドウ球菌と溶血性連鎖球菌という細菌で、黄色ブドウ球菌に感染すると水疱性膿痂疹に、溶血性連鎖球菌に感染すると痂皮性膿痂疹になることが多く、とびひの9割以上は黄色ブドウ球菌が原因です。
黄色ブドウ球菌は、喉や皮膚、環境の中のどこにでもある常在菌で、健康な肌の場合は問題ありません。アトピーなどが原因で免疫力が落ちている肌に入り込むことで、水ぶくれや膿疱を作ります。
水ぶくれや膿疱の液には菌や毒素が入っているため、患部を掻いた手で他の皮膚を触ることで全身に広がります。また、伝染力が強いため、とびひ患者とのタオルの共用、プールなどで他者への感染が広がります。

とびひの治療法

とびひの治療には一般的に抗生物質と、かゆみ止めの飲み薬と塗り薬が用いられます。
内側と外側の両方から殺菌していきます。
ステロイドはかぶれなどの疾患には非常に有効に作用しますが、とびひなど菌が原因でおこる場合は必ずしも万能の薬ではありません。

そして重要なのは治療の期間です。
症状が良くなったとご自身で判断し、治療を途中でやめてしまわれる方が多く、とびひが再発してクリニックにいらっしゃる患者さんが多いのが現状です。
指示された期間は、きちんと飲み薬と塗り薬を使用してください。
それともうひとつ、ご自宅で必ず行ってほしいことが、患部を清潔に保つということです。
傷口が痛そうだからといって、石けんを使わないばかりか、ガーゼでふさいだまま入浴時濡らさないという方がいらっしゃいますが、これではなかなかとびひは治りません。
とびひ治療の開始当初は、なるべく湯船(バスタブ)に入るのは避けて、シャワーを使い石けん(薬用などではなく、普段お使いのボディーソープでかまいません)の泡でやさしく洗い患部を清潔にしておくことで、より治療を効果的に行うことができます。