思春期のニキビ

思春期のニキビになったらどうしたらいいの?

思春期になって一番悩まされるもの。それはニキビです。誰もが通るみちなのではないでしょうか?実際皮膚科に行って薬をもらって塗ったのに治らない。生活習慣が悪いわけでもない。なぜ治らないの?そういったこともあわせながら説明していきたいと思います。

皮膚科に行っても治らない、薬を塗っても治らない

なぜ治らないと思いますか?それは、ケアの仕方が実際に間違っているのです。思春期の人ですと洗顔などをごしごしすればいいなどとおもっていませんか?またはそれ以外には何もしてないということはありませんか?皮膚科で処方される薬はその場しのぎですので今後を見据えると根本から変えていかないとだめなんです。ちゃんとした対処をしていけば必ず治る方向に向かっていきます。

思春期ニキビの治し方

思春期のニキビの治し方は、誰もが知りたいことだと思います。その治し方をお伝えします。

毎朝毎晩洗顔しよう!

これは絶対にしてください。毎朝と毎晩欠かさずに洗顔をしてください。寝ている間に汚れもたまりますし一日の汚れも夜にきちんと落としてください。今日は疲れて面倒くさいからやらないなどするとそれまでしていたことが無駄になってしまします。
そして1日3回以上は洗顔してはいけません。しすぎると逆に肌にはよくないのです。そしておすすめは泡の洗顔で軽く洗うことです。

睡眠はしっかりとろう!

思春期の方は夜更かしをする人が多くなってきます。そうすると自立神経はもちろん崩れてニキビのできやすい体になっていきます。一番良い睡眠時間は、7時間半です。できるならそれ以上とるのが良いでしょう。肌のゴールデンタイムは22時~26時です。この時間は、少なくとも寝ていましょう。早寝早起きがやっぱり一番お肌に良いのです。

脂っこい食事はやめよう!

脂っこい食事をしますとその脂が顔に出てきて脂顔になってしまいます。脂物といえばフライドポテトや唐揚げ、マクドナルドやロッテリアなどのジャンクフードです。食べたらだめというわけではありません。食べすぎないでくださいということです。
野菜やフルーツを中心にたべるだけで絶対に思春期ニキビは、よくなります。ビタミンをしっかりとり思春期にもニキビができないような肌にしていきましょう。