のどの痛み

のどの痛みの原因

風邪の症状

喉の痛みで一番多いのはやはり風による症状です。風邪は最近やウィルス身体に入り炎症を起こします。その時に鼻、喉、気管支に炎症が起こり気道粘膜炎症症状が起こることで、喉に痛みが発生します。

扁桃腺

扁桃腺とは、喉の奥にあるリンパ組織のことで、医学用語では扁桃と呼ばれています。 細菌によって扁桃腺(扁桃)に炎症が起こることを扁桃腺炎と言います。
扁桃は外部から侵入してくる病原体に対して防御の役割を果たしていますが、扁桃の表面にはいつも色々な細菌が住みついていて、気温の変化やほこりなどの刺 激、過労や風邪などによって抵抗力が弱まると、細菌は活発的になり炎症を起こします。これが喉の痛みの一つになります。

気管支

咽頭と肺を結ぶ空気の通り道を気道と呼び、咽頭から肺までのひとつの管を気管と呼びます。気管支はその気管から左右の肺に 枝分かれしたものになります。気管支はハウスダスト、タバコ、様々な大気汚染に反応しやすく、アレルギー体質を持つ子供は喘息を発症し発作性の強い咳など で、呼吸が困難になります。
また、最近やウィルス等が体内に感染すると、気管支に炎症が起こり喉に痛みが走ります。

タバコ

喉の痛みの原因としてタバコも挙げられます。タバコは喉頭を刺激して喉の痛みを引き起こします。
タバコにはニコチン、タールなどさまざまな有害ガスが含まれ、のどの粘膜の線毛を刺激します。当然粘膜を傷つたり汚したりするので、特に普段から喉が弱い方の喫煙はお勧めできません。
また、自分は吸わなくても周りの喫煙者の煙によって喉を傷つけることもあるので注意しましょう。

花粉症

アレルギー性の病気を言います。主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみの四代症状になりますが、大量に花粉が飛散する時期は喉にかゆみや痛みの症状が出ます。
また、花粉症によって鼻が詰まると必然的に口で呼吸をすることになります。そうすると喉が乾燥し痛みを発生します。