インフルエンザ

風邪とは別の疾患とされてきました。最近ではインフルエンザが疑われる場合は迅速診断キット診断を使い、陽性反応が出た場合は、抗インフルエンザウイルス剤を服用することになります。

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。

「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月~4月に流行が見られます。2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。

インフルエンザの特徴

潜伏期間 1~3日
感染経路 おもに飛沫感染(※)
発症 急激に38℃以上の高熱が出る
症状 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、
腹痛、下痢などの胃腸症状 など
療養期間 一週間程度

 

インフルエンザの治療法

最近ではインフルエンザが疑われる場合は迅速診断キット診断を使い、陽性反応が出た場合は、抗インフルエンザウイルス剤を服用することになります。

(抗インフルエンザ薬の吸い薬(リレンザ、イナビルなど)や飲み薬(タミフルなど)を使用します。 )

 

インフルエンザと検査のタイミング

「どんな病気も早めに治療することが重要」と言いますが、インフルエンザに感染してしまった場合も早めに治療を開始することが望まれます。しかし、インフルエンザ検査が早すぎても問題となる可能性があります。

病院でインフルエンザの検査を行う際、発熱から8時間~12時間前後が経過していないと、インフルエンザを発症しているという診断ができない場合があるのです。基本的には、インフルエンザであると診断できない場合、インフルエンザの治療のための薬を処方することができません。つまり、場合によっては早めに病院へ行きすぎたことによって、インフルエンザの治療が逆に遅くなってしまう可能性があるということになります。

そのため、適切な検査結果を出すためには、発熱から半日ほど経過してからのほうが良いとも言えます。

新宿で働いていらっしゃる方やお住まいの方でインフルエンザの疑いがある方は、当院耳鼻科・耳鼻咽喉科をご利用ください。できるだけお待たせしないよう、予約不要でインフルエンザ迅速検査もおこなっています。

夜間にインフルエンザが疑われた場合の対処法

インフルエンザを疑いになったときが「夜間」あるいは「休日」の場合だと、すぐには近くの病院へ行くことができない場合もあります。その他にも「すぐには耳鼻咽喉科や内科を受診できない」という状況にある場合だと、インフルエンザの本格的な治療が遅れてしまいます。その場合、少しでもインフルエンザの症状に対する適切な対処法を実践することで、インフルエンザの症状が悪化するのを抑える必要があります。

まずは、感染の拡大を防ぐことが重要です。感染力の強いインフルエンザウイルスは、同じ家屋内で過ごすご家族を中心に、周囲の人たちに感染するリスクを抱えています。ご家庭内でもマスクを着用し、ご家族に感染しないように接触を最低限にする等の対処をしましょう。

次に、発熱や下痢の症状によって失われる水分を十分に補給することです。スポーツドリンクよりも「経口補水液」をオススメしますが、とにかく脱水症状を防ぐためにも十分な水分補給を行うようにしましょう。こうした自体に備えて、あらかじめ経口補水液やスポーツドリンクを常備しておくと、飲料を切らしてお茶をわかせない時にも手軽に水分を補給することができます。

食事に関しては、よく言われている「消化に良いもの」で、胃腸にも負担をかけないよう気をつけましょう。

インフルエンザの療養のためには、室内の環境を改善することも重要です。インフルエンザウイルスが好む「乾燥した空気」をなくすため、加湿器を使って50%前後の湿度にコントロールすることが望まれます。室温は20度以上に保ち、安静にして十分な休息をとりましょう。

インフルエンザは、安静にしていれば数日で回復することの多い病気であるため、これだけで体調がかなり改善されることも多いです。しかし、あくまでも「病院へ行くことができない場合の応急処置」であるため、夜が明けたり平日になったら、早めに耳鼻科を受診してください。症状が治まっているように見えても、完治しているとは限りません。ご家族やご友人、職場の方々に感染してしまわないように、しっかりと治療することが重要です。

新宿にお勤め・お住まいの方でインフルエンザの疑いがある方・既に発熱などの症状が見られる方は、当院耳鼻科をお気軽にご利用ください。