風邪

こんな症状が出たら耳鼻咽喉科に行きましょう

風邪をひくと、内科と耳鼻科どちらを受診したら良いか分からないという方が多くいらっしゃいます。基本的にどちらでも診てもらえるのですが、以下の症状が出た場合には専門分野となるため、耳鼻咽喉科にかかることをお勧めします。

のどの痛み

風邪をひいたら必ずと言っていいほどでるのどの痛み。風邪をひく前兆として症状が出る場合もあります。痛くなったからといってすぐに耳鼻科にかかる必要はありませんが、何日も症状が続いたり、その後熱が出たり、飲み込みが悪かったりする場合は医師に相談することをお勧めします。それらには必ず「原因」があるからです。炎症や腫れは放っておいても自然と治ることもありますが、ウィルス感染などによって大きな病気を引き起こすこともあります。そうなってからでは遅いですので、激しい痛みや熱などを伴った場合は速やかに耳鼻咽喉科にかかることをお勧めします。

鼻水がとまらない

鼻水は風邪の治りかけで良く症状がみられますか、「細菌やウイルスを追い出そうとする」ことが原因です。鼻づまりは、病原体(ウイルス)が中に入ってこないようにする働きをしているのです。これらの症状にもいろいろな治療法がありますが、例えば鼻水を吸い取るといったような方法もあります。このような場合、専門科である耳鼻咽喉科に行く必要があるのです。原始的ではありますが、これが鼻づまりや鼻水に効く最も有効な治療法だと言われています。加湿すると鼻水が柔らかくなって自分でも出しやすくなるので、是非お家でも実践してみてください。

耳に痛みが残る

風邪による耳の痛みは、特に耳鼻科にかかる必要があります。なぜなら、中耳炎や、耳管狭窄症、または耳管開放症の疑いがあるからです。これらは風邪の菌が耳の中に入って感染することによっておこります。ひどくなると、難聴や、耳が聞こえなくなるなどの症状になりかねないので注意する必要があります。
中耳炎などの病気は小さい子供がなりやすいと言われていますが、子供が耳の痛みを訴えるのは難しいものです。親御さんは、子供が風邪を引いた際に耳に異常がないか十分注意していてください。少しでも異常が見られる場合、または心配な場合は耳鼻科にかかることをおすすめします。

>> 風邪を引いたら何科にかかるべきか??