腸炎

急性腸炎の症状

・長く続く
・血便
・発熱
・吐き気、嘔吐
・便に膿が伴う
・色が白、赤、黄など通常と違う
・すっぱい、腐ったにおいがする

腸炎の代表的症状はなんといっても腹痛と下痢です。
腹痛や下痢が軽度でも以下のような症状が伴う場合は
カラダからの危険信号の可能性があるので医師に相談してみましょう。

腸炎の原因

急性腸炎では、下痢をおこすことがよくあります。
ここではその下痢の原因となっているものをご紹介します。

※下痢の際に、便に血液、粘液、不消化物、膿などがまじる、色がおかしい、においがおかしいなどといった場合や、下痢と同時に発熱、吐き気、嘔吐などの症状がみられるときは注意が必要なので病院で診察を受けてください。

腸の病気

食べ物とは無関係の下痢です。
腸の管、腸管と呼ばれる部位になんらかの原因で炎症、潰瘍、腫瘍があると下痢を引き起こします。
ふだん下痢をしないのに、ここ最近下痢が続くようになったと感じる方は、医師に相談してみるのがいいでしょう。腸管内の病気が原因になっていることがあります。

自律神経の失調

腸の緊張を高める神経が異常に興奮することで下痢が起きます。
腸の神経が興奮することで、腸の運動が異常に激しくなったり、腸の分泌液が異常に多くなったりして下痢になってしまいます。

ストレス

小腸や大腸には腸の緊張を強める神経と弱める神経があります。
神経性腸炎とよばれるものの一種です。

感染症

ウイルスや細菌の感染により、下痢や嘔吐が起こります。ウイルスや細菌が血液を通して腸に入り、腸の粘膜を刺激することによりこのような症状がおこります。
しばしば発熱を伴うこともあります。
感染による下痢を防ぐには手洗い、うがいをこころがけること、また生の食べ物などにも注意しましょう。