インフルエンザ

風邪とは別の疾患とされてきました。

最近ではインフルエンザが疑われる場合は迅速診断キット診断を使い、陽性反応が出た場合は、
抗インフルエンザウイルス剤を服用することになります。

風邪とインフルエンザは
症状も原因も症状もはっきり異なります。

「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。
発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。
健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。
健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。
気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、
多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月~4月に流行が見られます。
2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。

インフルエンザの特徴

• 潜伏期間 … 1~3日
• 感染経路 … おもに飛沫感染(※)
• 発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る
• 症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、
下痢などの胃腸症状 など
• 療養期間 … 一週間程度

感染しても発症しないこともある

ただし、 こうした危険性を持つインフルエンザでも常に健康上の大きな問題を
引き起こさないこともあります。

インフルエンザは、感染してから数日の潜伏期間を経るのですが、
感染してから全く症状が出ない、 もしくはインフルエンザとは思えないほど非常に軽い症状だけで
自然治癒してしまうこともあります。

こうした「感染したけれど、目立った症状が出なかった」場合のことを
不顕性感染」と言います。

なぜ、感染してもほとんど症状が現れないのかと言えば、
飛沫感染もしくは接触感染で体内に侵入したインフルエンザウイルスが、
体の免疫力に負けてしまう場合です。

例えば、「予防接種」を受けている場合だと、不顕性感染で済んでしまいやすくなります。

ただし、あくまでも「症状が出ていない」というだけであり、
体内でインフルエンザウイルスが増殖していることは十分に考えられます。
この場合、本人には何の症状がでていなくても、咳やくしゃみで飛沫感染を起こしてしまい、
近しい人物に感染させてしまう可能性があります。

インフルエンザが流行している時期には、
本人に自覚症状が無い場合でも咳やくしゃみの際には口に手を当てて、
他人に飛沫感染しないように注意する必要があります。

新宿・西新宿のように人口が密集しやすい地域にお勤めやお住まいの場合、もしくは、
電車を乗られることが多い場合、インフルエンザに感染しやすいので、注意が必要です。

 

子どものインフルエンザ

インフルエンザは、発症した人の年齢によって症状が大きく異なるという特徴があります。
子どもがインフルエンザウィルスに感染し、
発症した場合には、症状が重くなるケースが多くなります。

重篤なケースでは「インフルエンザ脳炎」等を併発し、意識障害やけいれん等を発症、
大人が発症するインフルエンザよりも極めて重篤な症状を引き起こすことが多く、
注意が必要になります。

また、異常行動を起こす子どももいますので、
お子さんがインフルエンザに感染したと判断した場合、
大人が目を離さないようにすることが重要です。

場合によっては二次災害を引き起こす可能性があります。
新宿・西新宿にお勤めやお住まいで、お子さんにインフルエンザの疑いがある場合は当院以外で、
早めに小児科のあるクリニックを受診するようにしましょう。
(当院内科では、中学生以上の患者様を診療しております。小学生以下の方は、
小児科もしくは、対応している耳鼻咽喉科におかかりください)

 

高齢者のインフルエンザ

また、子どもと同様に高齢者のインフルエンザも危険視されています。
子どものインフルエンザでも同様ですが、
インフルエンザにかかると「肺炎」「中耳炎」といった合併症を引き起こす可能性があります。

特に、体の抵抗力が慢性的に低下している場合だとこのリスクが高まりますので、
高齢者の場合は特にこれらの合併症に関しても注意しなければなりません。

インフルエンザウイルスの種類

インフルエンザは、飛沫感染などでウイルスが体内に侵入することで感染することが多いです。この「ウイルス」なのですが、インフルエンザの原因となるウイルスは主に3つの種類があります。

まずは「A型」です。

このタイプのウイルスに感染した場合、数日の潜伏期間の後に、38度を超える高熱が急に現れることが多いです。感染力の強いウイルスのタイプであり、潜伏期間内でも他人に感染させてしまう可能性があります。発症する症状は種類が多く、発熱と共に震えや関節の痛み、頭痛などを引き起こすことが多いです。重症化することも多く、特に痙攣を起こしていたり、呼びかけに対する反応が悪いときなどは、すぐに救急病院の内科で診てもらう事が重要です。

次は「B型」です。

発熱はそこまで高い体温になることがなく、全体的に症状がA型よりも軽いです。胃腸症状が起こりやすいという特徴があります。

最後は「C型」です。

頻度は少ないですが、B型よりもさらに症状が軽くなることが多く、熱は微熱でおさまることが多く見られます。症状はB型と異なり、咳や鼻水などの気管支症状が多く見られます。また、子どもに感染しやすいタイプのインフルエンザです。