虫刺され

刺されると怖い!ひどい症状を引き起こす虫の種類とは?

虫さされというとすぐに思い浮かぶのが蚊やダニなどの身近にいる虫です。

肌が炎症を起こし、強い痒みがあるため夏場は虫よけを利用する、
という人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は夏場だけでなく、さまざまな種類の虫が刺したり、
吸血したりして人に害を与えていることをご存じでしょうか。

皮膚炎を起こす主な虫には、蚊・ノミ・ハチ・アブ・毛虫・トコジラミ・ダニ・ クモ・
ムカデなどがいます。

虫刺されの皮膚症状は皮膚に注入された虫の分泌物によるアレルギーによって起こります。
特に蜂は2度目に刺されたときにひどいアレルギー症状
(アナフィラキシーショック)を起こす場合もあるので注意が必要です。

 

子供と大人で違う?虫さされの症状とは

虫に刺された場合の皮膚反応には、即時型反応と遅延型反応の2種類があります。

即時型反応の場合は虫から被害を受けた直後からかゆみや赤みが現れ、数時間後には軽快します。
これに対して遅延型反応は、
虫に刺されたりかまれたりした1日~2日後になってからかゆみや赤み、
水ぶくれなどが現れ、数日から1週間程度続きます。

夏場によく被害を受ける蚊の場合では、年齢とともに皮膚症状が変化することも知られており、
幼児期には遅延型反応のみが現れ、
幼児期から青年期には即時型反応から 遅延型反応の両方が現れます。

青年期から壮年期には即時型反応のみが現れ、
老年期には反応がなくなることが多いとされています。

年齢や体質によっても差がありますが、
一般に多く刺されたことのある人ほど後天性免疫を得ることができ
、症状が出なくなる可能性が高くなります。

新宿西口1分、新宿南口2分の当院皮膚科では、虫刺されの治療をおこなっています。
お気軽にご相談ください。