タグアーカイブ: 胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍は悪化すると穿孔(胃・十二指腸に穴があくこと)が起こる

胃・十二指腸潰瘍にかかった場合、怖いのは悪化した時の症状です。胃や粘膜の表面が傷ついて潰瘍ができる病気ですが、その潰瘍が進むと粘膜の深くまで侵されていき、胃や十二指腸に穴が穴が開いてしまうことがあるのです。

こうしてできた穴を穿孔と呼びますが、胃などに穴が開くとそこから内容物が漏れ出すことで腹膜炎などの症状へとつながる恐れがあります。無論、穿孔ができた時点で腹部全体に激しい痛みが起こってしまったり、出血による吐血や嘔吐が始まります。それを治療せずにおくと重い腹膜炎となって、手術をしなければ治らなくなることもあります。

こうした危険な状態になる前に、内科クリニックで治療を受けることが大切です。西新宿やその周辺でクリニックを探すなら、新宿駅前クリニックがあります。ここなら西新宿で働く人や都心部に勤めている人にも通いやすく、早めの治療ができるでしょう。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , ,

胃・十二指腸潰瘍が悪化すると吐血や下血の症状も

胃・十二指腸潰瘍の症状の中心はみぞおちあたりに感じる痛みです。食事の前後に感じることがありますが、それ以外は食欲もあまり落ちることがありません。

また自覚症状が出にくい人もいるようです。そのため、この病気を自覚ができなかったり、大したことはないと思って治療をしない人もいます。しかし、それは悪化のリスクが高いので要注意です。

胃・十二指腸潰瘍では、初期には胃や十二指腸にできた潰瘍が胃液や食べ物の刺激によって痛みますが、その後悪化するとそこから出血が起きて吐血や下血などを起こすこともあるのです。 下血はタール便と言う黒っぽくてドロドロした便が出るので、トイレでのチェックをしてみましょう。

そして気になるようであれば早めに内科の病院で治療を受けた方が良いでしょう。治療を受けるなら新宿駅前クリニックが便利です。新宿でお勤めしている人も会社帰りなどに通うことができます。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胃・十二指腸潰瘍で感じる胃部の痛みや不快な症状

胃・十二指腸潰瘍は、みぞおちの辺りに特徴的な症状が現れる病気です。胃や十二指腸の中の粘膜組織の一部が傷ついて、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて不快な症状が現れます。十二指腸潰瘍では空腹の時に痛くなり、胃の場合には食後に多く痛みが出やすくなります。

痛みの他にはむねやけ、吐き気、嘔吐などもあり、悪化すると潰瘍からの出血によって吐血やタール便という黒っぽい便が出ることもあります。潰瘍と聞くと怖い病気のように感じますが、内科の病院で治療を受ければ回復する病気です。

ただし、やはり放置しておくと悪化することもあるため、注意を要するものではあります。悪化しないうちに診察を受けて治療を始めましょう。

新宿駅前クリニックであれば、新宿区で仕事をしている人にも通いやすい立地で便利です。新宿区の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胃・十二指腸潰瘍は胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気

胃・十二指腸潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜が原因でさまざまな症状が現れる病気です。

胃や十二指腸の中の組織の一部が何らかの要因によって、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて痛みなどの不快な症状が現れます。ダメージを与えるのは、ピロリ菌や別の病気で使われている非ステロイド性抗炎症薬の刺激、胃酸です。

胃酸は消化のために必要なものですが、それが多く分泌されることによって胃や十二指腸を溶かしてしまうのです。溶けた部分はただれて潰瘍となります。 潰瘍は悪化すると深くなり、粘膜に穴を開けることもあり危険です。治療は内科で行われますので、面倒がらずに早期治療を行いましょう。

西新宿で内科を探すなら、便利な新宿駅前クリニックがあります。西新宿の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,