タグアーカイブ: 片頭痛

動くと痛みが悪化する片頭痛

片頭痛は動くと痛みがひどくなってしまいます。動くことで血流がよくなり、その影響で血管が拡張し神経に触って痛みがひどくなるためです。症状が起こったら、動かずに安静にしていましょう。また、光や音に過敏に反応してしまうという特徴もあります。大きな音や光を受けると、症状が悪化してしまうので、静かな暗い部屋で横になっているのがいいでしょう。また、温めると症状が悪化してしまうので、冷やすようにしましょう。

たかが頭痛と思っていると、思わぬ病気が隠れている場合もあります。頭痛がひどい場合には、一度病院で検査をしてもらいましょう。専門医に相談をすることで、適切な薬を処方してもらうこともできます。新宿区で内科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

ひどいときには寝込んでしまうこともある片頭痛

片頭痛がひどいときには、寝込んでしまうこともあります。それほどまでにひどい頭痛の原因は、はっきりとは分かっていないとされていますが、中でも有力なのは、三叉神経の影響、という説です。頭の欠陥の周りにある三叉神経が刺激され、脳の血管を拡張する神経伝達物質が分泌され、その影響で炎症が発生し、神経を刺激して痛みが起こると言われている説です。

痛みをひどくしないためにも、片頭痛を引き起こすきっかけとなるチーズやワイン、チョコレートなどを控える、睡眠不足をしないといったことに注意しましょう。痛みがひどいときには、病院に行って薬を処方してもらうといいでしょう。西新宿で内科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談されてみてはいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

片頭痛は動くことができず仕事・勉強・家事などが手につかなくなる

片頭痛の症状がひどいと、何もできないことも多いものです。心臓の鼓動と同じタイミングでズキンズキンと痛み、吐き気や嘔吐といった症状を起こすこともあります。動くと痛みがひどくなるため、仕事や勉強、家事なども手につかなくなるほどです。しかし、頭痛というのはよくある症状であり、動けないほどの苦しみをなかなか理解してもらえないこともあります。

片頭痛を予防するには、鎮痛剤も利用することです。痛みに苦しむ前に服用するのがコツ。頭痛信号を感じたら、鎮痛剤を服用するようにしましょう。痛みで仕事が手につかないと困ってしまいます。できれば内科に行って診察をしてもらい、頭痛薬を処方してもらうといいでしょう。新宿で内科をお探しの方は、新宿駅前クリニックをご利用ください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,