タグアーカイブ: 新宿

胃・十二指腸潰瘍が悪化すると吐血や下血の症状も

胃・十二指腸潰瘍の症状の中心はみぞおちあたりに感じる痛みです。食事の前後に感じることがありますが、それ以外は食欲もあまり落ちることがありません。

また自覚症状が出にくい人もいるようです。そのため、この病気を自覚ができなかったり、大したことはないと思って治療をしない人もいます。しかし、それは悪化のリスクが高いので要注意です。

胃・十二指腸潰瘍では、初期には胃や十二指腸にできた潰瘍が胃液や食べ物の刺激によって痛みますが、その後悪化するとそこから出血が起きて吐血や下血などを起こすこともあるのです。 下血はタール便と言う黒っぽくてドロドロした便が出るので、トイレでのチェックをしてみましょう。

そして気になるようであれば早めに内科の病院で治療を受けた方が良いでしょう。治療を受けるなら新宿駅前クリニックが便利です。新宿でお勤めしている人も会社帰りなどに通うことができます。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胸焼けや吐き気などの自覚症状がある慢性胃炎の特徴

胸焼けや吐き気などがたびたび起こって辛いのは、慢性胃炎にかかっているのかも知れません。胃炎というと「キリキリ」胃が痛いイメージが強いようですが、何となく胃の辺りに気持ち悪い症状が現れるタイプの胃炎もあります。

胃炎には急性と慢性があり、慢性の場合に多いものです。大して重いわけではないけれどたびたび起こるのが特徴で、精神的にも嫌な感じがします。原因としてはストレスや疲れが関係しており、自分ではなかなか改善しにくいものです。

また、胃の状態をよくしようと食事などに注意をしても自己ケアには限界もあります。そのため、胸焼けや吐き気が起こりやすい人は、一度内科で診察を受けてきちんと治し方の指導を受けた方が安心です。もちろんお薬もあるので、治りは早くなるでしょう。

通いやすい新宿で病院を探すなら新宿駅前クリニック。ターミナル駅から通えて仕事が忙しい人でも便利です。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , , ,

常に胃に不快感がある慢性胃炎の症状

お腹の調子が悪い、と感じる人は多いでしょう。さまざまな要因があると思われますが、常に胃に不快感がある場合、慢性胃炎の危険性があります。お腹の上の方に違和感がある、膨満感、胸やけや吐き気などといったことを起こす場合もあれば、食欲不振や倦怠感、中には嘔吐してしまう場合もあります。中には、特に不快感がない人もいるのです。 特有の症状がないため、適切な治療を行わず、悪化してしまうケースもあります。何となく調子が悪い、といった程度では病院に行かない人も多いでしょう。しかし、ひどくなってからでは治療にも時間がかかります。定期検診を受けることと、少しでもいつもと違った感覚があれば、病院で診察を受けることをおススメします。新宿で信頼できる内科は新宿駅前クリニックです。ぜひご利用されてみてください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , , ,