タグアーカイブ: 新宿区

胃・十二指腸潰瘍で感じる胃部の痛みや不快な症状

胃・十二指腸潰瘍は、みぞおちの辺りに特徴的な症状が現れる病気です。胃や十二指腸の中の粘膜組織の一部が傷ついて、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて不快な症状が現れます。十二指腸潰瘍では空腹の時に痛くなり、胃の場合には食後に多く痛みが出やすくなります。

痛みの他にはむねやけ、吐き気、嘔吐などもあり、悪化すると潰瘍からの出血によって吐血やタール便という黒っぽい便が出ることもあります。潰瘍と聞くと怖い病気のように感じますが、内科の病院で治療を受ければ回復する病気です。

ただし、やはり放置しておくと悪化することもあるため、注意を要するものではあります。悪化しないうちに診察を受けて治療を始めましょう。

新宿駅前クリニックであれば、新宿区で仕事をしている人にも通いやすい立地で便利です。新宿区の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

食欲不振の症状がでる慢性胃炎

慢性胃炎の症状としては、痛みや胃もたれなどとともに食欲不振が起こることもあります。急性に比較すると慢性の方が激しい痛みなどはないものの、長期化することもあるためいつまでも体調の悪さをひきずることになり辛いものです。

さらに食欲もなくなることで十分に食事をとりにくくなり、いつまでも元気が戻りません。症状が長引くと自分の体調管理だけでは不安があるため、内科できちんと治療を受けてしっかりと治しておくことが必要です。

新宿区の病院であれば複数の路線から通うこともできるため、便利で治療も苦になりません。新宿区で良い内科をお探しでしたら、新宿駅前クリニックでつらい食欲不振について相談してみてはいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

動くと痛みが悪化する片頭痛

片頭痛は動くと痛みがひどくなってしまいます。動くことで血流がよくなり、その影響で血管が拡張し神経に触って痛みがひどくなるためです。症状が起こったら、動かずに安静にしていましょう。また、光や音に過敏に反応してしまうという特徴もあります。大きな音や光を受けると、症状が悪化してしまうので、静かな暗い部屋で横になっているのがいいでしょう。また、温めると症状が悪化してしまうので、冷やすようにしましょう。

たかが頭痛と思っていると、思わぬ病気が隠れている場合もあります。頭痛がひどい場合には、一度病院で検査をしてもらいましょう。専門医に相談をすることで、適切な薬を処方してもらうこともできます。新宿区で内科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,