タグアーカイブ: 内科

胃・十二指腸潰瘍は悪化すると穿孔(胃・十二指腸に穴があくこと)が起こる

胃・十二指腸潰瘍にかかった場合、怖いのは悪化した時の症状です。胃や粘膜の表面が傷ついて潰瘍ができる病気ですが、その潰瘍が進むと粘膜の深くまで侵されていき、胃や十二指腸に穴が穴が開いてしまうことがあるのです。

こうしてできた穴を穿孔と呼びますが、胃などに穴が開くとそこから内容物が漏れ出すことで腹膜炎などの症状へとつながる恐れがあります。無論、穿孔ができた時点で腹部全体に激しい痛みが起こってしまったり、出血による吐血や嘔吐が始まります。それを治療せずにおくと重い腹膜炎となって、手術をしなければ治らなくなることもあります。

こうした危険な状態になる前に、内科クリニックで治療を受けることが大切です。西新宿やその周辺でクリニックを探すなら、新宿駅前クリニックがあります。ここなら西新宿で働く人や都心部に勤めている人にも通いやすく、早めの治療ができるでしょう。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , ,

胃・十二指腸潰瘍が悪化すると吐血や下血の症状も

胃・十二指腸潰瘍の症状の中心はみぞおちあたりに感じる痛みです。食事の前後に感じることがありますが、それ以外は食欲もあまり落ちることがありません。

また自覚症状が出にくい人もいるようです。そのため、この病気を自覚ができなかったり、大したことはないと思って治療をしない人もいます。しかし、それは悪化のリスクが高いので要注意です。

胃・十二指腸潰瘍では、初期には胃や十二指腸にできた潰瘍が胃液や食べ物の刺激によって痛みますが、その後悪化するとそこから出血が起きて吐血や下血などを起こすこともあるのです。 下血はタール便と言う黒っぽくてドロドロした便が出るので、トイレでのチェックをしてみましょう。

そして気になるようであれば早めに内科の病院で治療を受けた方が良いでしょう。治療を受けるなら新宿駅前クリニックが便利です。新宿でお勤めしている人も会社帰りなどに通うことができます。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胃・十二指腸潰瘍で感じる胃部の痛みや不快な症状

胃・十二指腸潰瘍は、みぞおちの辺りに特徴的な症状が現れる病気です。胃や十二指腸の中の粘膜組織の一部が傷ついて、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて不快な症状が現れます。十二指腸潰瘍では空腹の時に痛くなり、胃の場合には食後に多く痛みが出やすくなります。

痛みの他にはむねやけ、吐き気、嘔吐などもあり、悪化すると潰瘍からの出血によって吐血やタール便という黒っぽい便が出ることもあります。潰瘍と聞くと怖い病気のように感じますが、内科の病院で治療を受ければ回復する病気です。

ただし、やはり放置しておくと悪化することもあるため、注意を要するものではあります。悪化しないうちに診察を受けて治療を始めましょう。

新宿駅前クリニックであれば、新宿区で仕事をしている人にも通いやすい立地で便利です。新宿区の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胃・十二指腸潰瘍は胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気

胃・十二指腸潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜が原因でさまざまな症状が現れる病気です。

胃や十二指腸の中の組織の一部が何らかの要因によって、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて痛みなどの不快な症状が現れます。ダメージを与えるのは、ピロリ菌や別の病気で使われている非ステロイド性抗炎症薬の刺激、胃酸です。

胃酸は消化のために必要なものですが、それが多く分泌されることによって胃や十二指腸を溶かしてしまうのです。溶けた部分はただれて潰瘍となります。 潰瘍は悪化すると深くなり、粘膜に穴を開けることもあり危険です。治療は内科で行われますので、面倒がらずに早期治療を行いましょう。

西新宿で内科を探すなら、便利な新宿駅前クリニックがあります。西新宿の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胸焼けや吐き気などの自覚症状がある慢性胃炎の特徴

胸焼けや吐き気などがたびたび起こって辛いのは、慢性胃炎にかかっているのかも知れません。胃炎というと「キリキリ」胃が痛いイメージが強いようですが、何となく胃の辺りに気持ち悪い症状が現れるタイプの胃炎もあります。

胃炎には急性と慢性があり、慢性の場合に多いものです。大して重いわけではないけれどたびたび起こるのが特徴で、精神的にも嫌な感じがします。原因としてはストレスや疲れが関係しており、自分ではなかなか改善しにくいものです。

また、胃の状態をよくしようと食事などに注意をしても自己ケアには限界もあります。そのため、胸焼けや吐き気が起こりやすい人は、一度内科で診察を受けてきちんと治し方の指導を受けた方が安心です。もちろんお薬もあるので、治りは早くなるでしょう。

通いやすい新宿で病院を探すなら新宿駅前クリニック。ターミナル駅から通えて仕事が忙しい人でも便利です。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , , ,

食欲不振の症状がでる慢性胃炎

慢性胃炎の症状としては、痛みや胃もたれなどとともに食欲不振が起こることもあります。急性に比較すると慢性の方が激しい痛みなどはないものの、長期化することもあるためいつまでも体調の悪さをひきずることになり辛いものです。

さらに食欲もなくなることで十分に食事をとりにくくなり、いつまでも元気が戻りません。症状が長引くと自分の体調管理だけでは不安があるため、内科できちんと治療を受けてしっかりと治しておくことが必要です。

新宿区の病院であれば複数の路線から通うこともできるため、便利で治療も苦になりません。新宿区で良い内科をお探しでしたら、新宿駅前クリニックでつらい食欲不振について相談してみてはいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

胃もたれや食後の腹痛の症状がでる慢性胃炎

食後にたびたび襲われる胃の痛みやもたれなどは、慢性胃炎の可能性があります。胃の粘膜がただれてしまい、みぞおちのあたりに慢性的な症状が起こりますが、急激な痛みではないため放置してしまうことも多いものです。

しかし、こうした慢性疾患はきちんと治しておかないといつまでも続きます。慢性的な胃の病気には代表的なピロリ菌の他に、日々の疲れやストレスが関係していることも多いものです。毎日忙しいことによってストレスがかかり、症状の放置の悪循環となりがちです。治りにくい慢性胃炎は平日の会社帰りや休憩時間などにも通いやすい西新宿の内科で早めに処置してもらいましょう。

西新宿で内科を選ぶなら新宿駅前クリニックがあります。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

常に胃に不快感がある慢性胃炎の症状

お腹の調子が悪い、と感じる人は多いでしょう。さまざまな要因があると思われますが、常に胃に不快感がある場合、慢性胃炎の危険性があります。お腹の上の方に違和感がある、膨満感、胸やけや吐き気などといったことを起こす場合もあれば、食欲不振や倦怠感、中には嘔吐してしまう場合もあります。中には、特に不快感がない人もいるのです。 特有の症状がないため、適切な治療を行わず、悪化してしまうケースもあります。何となく調子が悪い、といった程度では病院に行かない人も多いでしょう。しかし、ひどくなってからでは治療にも時間がかかります。定期検診を受けることと、少しでもいつもと違った感覚があれば、病院で診察を受けることをおススメします。新宿で信頼できる内科は新宿駅前クリニックです。ぜひご利用されてみてください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , , ,

動くと痛みが悪化する片頭痛

片頭痛は動くと痛みがひどくなってしまいます。動くことで血流がよくなり、その影響で血管が拡張し神経に触って痛みがひどくなるためです。症状が起こったら、動かずに安静にしていましょう。また、光や音に過敏に反応してしまうという特徴もあります。大きな音や光を受けると、症状が悪化してしまうので、静かな暗い部屋で横になっているのがいいでしょう。また、温めると症状が悪化してしまうので、冷やすようにしましょう。

たかが頭痛と思っていると、思わぬ病気が隠れている場合もあります。頭痛がひどい場合には、一度病院で検査をしてもらいましょう。専門医に相談をすることで、適切な薬を処方してもらうこともできます。新宿区で内科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,

ひどいときには寝込んでしまうこともある片頭痛

片頭痛がひどいときには、寝込んでしまうこともあります。それほどまでにひどい頭痛の原因は、はっきりとは分かっていないとされていますが、中でも有力なのは、三叉神経の影響、という説です。頭の欠陥の周りにある三叉神経が刺激され、脳の血管を拡張する神経伝達物質が分泌され、その影響で炎症が発生し、神経を刺激して痛みが起こると言われている説です。

痛みをひどくしないためにも、片頭痛を引き起こすきっかけとなるチーズやワイン、チョコレートなどを控える、睡眠不足をしないといったことに注意しましょう。痛みがひどいときには、病院に行って薬を処方してもらうといいでしょう。西新宿で内科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談されてみてはいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:  カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,