高脂血症/詳細

高脂血症(こうしけつしょう)の治療・診察

新宿西口にある当院内科では高脂血症の治療も行っています。
高脂血症は脂質異常症の別名もある、
血液中のコレステロールや中性脂肪が増えすぎてしまう病気のことです。
放置したままにしておくと血管の壁にどんどん脂質がたまっていき、
血流が悪くなる動脈硬化を起こしてしまいます。

動脈硬化はさまざまな脳疾患や心臓病などの元凶です。
いずれも重篤な疾患で生活の質を著しく損なう可能性が大きいものばかりです。
そのような疾病にならないためにも高脂血症は早めの対策が重要です。

 

高脂血症の原因

高脂血症になる大きな原因のひとつが食生活です。
カロリーが高く、動物性脂肪と糖質が多く、
野菜の足りない食事を続けると高脂血症のリスクが高まります。

なぜなら、
そういった食事が増やす中性脂肪や悪玉コレステロールこそが高脂血症の原因だからです。

また、運動不足により基礎代謝が低下すると脂質の代謝も悪くなって高脂血症を促進します。
肉体的・精神的なストレスも交感神経を刺激して血管を収縮させ、
血圧・コレステロール濃度・血糖値を上昇させることがわかっています。

 

病例

高脂血症の自覚症状はほとんどありません。
まれに特有の黄色腫が見られることがあります。
これはアキレス腱、まぶたのふち、ひじ・ひざなどの関節にできる脂肪の塊です。

また、角膜周辺にコレステロールが沈着する角膜輪出る例もあります。
高脂血症は先天的な先発性と後天的な続発性に分類されます。
先発性のものは原因不明な場合もありますがほとんどが遺伝的な要因です。

一方、糖尿病、ネフローゼ、橋本病等で引き起こされた高脂血症を後発性高脂血症といいます。

 

検査と診断

高脂血症の検査は一般的な健康診断の中の血液検査で行われることがほとんどです。
総コレステロール値、LDLコレステロール値、LDHコレステロール値、
中性脂肪値をそれぞれ測定して基準値と比較します。

とくに心血管系疾患との関連の深いLDLコレステロール値が重要で、
140mm/dl以上で異常とされます。
LDLコレステロールとは肝臓で作られたコレステロールを
各臓器に運ぶ働きをしているたんぱくの一種です。

これが細胞にとりこまれないと余剰分として血管に詰まってしまうのです。

 

起こりやすい合併症

高脂血症はさまざまな合併症を引き起こします。
心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤、大動脈瘤破裂、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞、脳卒中、
腎不全、腎硬化症そのほか枚挙に暇がありません。

いずれも生活の質を著しく悪化させてしまう重篤な症状が出る病気なので、
しっかりと予防をすることが大事です。

高脂血症はほとんど自覚症状がないので合併症が出てはじめてそうだったと
知るケースも少なくありません。
そうなる前に定期的に高脂血症の検査を受けることをおすすめします。


高脂血症の治療方法

高脂血症の治療は生活習慣の改善が中心になります。
重点を置かれるのが食事療法です。
長年の間違った食生活によってできあがった高脂血症を
いちから改善していくのは簡単なことではありません。

医師の指導のもとで根気強く取り組むことが一番の近道です。
食事療法とあわせて運動療法も行います。

高脂血症の治療には適度な運動もかかせないのです。
あわせて薬物療法でコレステロールのコントロールも行います。

食事療法

高脂血症の食事療法ではまず1日に必要なカロリーを念頭に置き過食を控えるように指導します。
次に肉の脂身、バター、チーズ、アイスクリームなど動物性脂肪の多い食事を控えます。

また、レバー、砂肝などコレステロールが多い食事にも注意するようにします。
アルコールや感触も中性脂肪を増加させるのでなるべく控えるようにします。

反対に海藻、キノコ類、野菜など食物繊維を多く含むものは積極的に摂取します。
ビタミン類もきちんと摂りましょう。

運動療法

運動療法でおすすめしているのは有酸素運動です。
毎日の生活の中でウォーキング、ランニング、スイミングなどを習慣づけるようにしましょう。

毎日が無理ならば一日おきなど、無理のない範囲でかまわないので続けることが大切です。
有酸素運動は脂肪を燃焼させて肥満解消にもなります。

肥満気味の人は高脂血症になりやすいので注意しましょう。
また、有酸素運動はLDLコレステロールコレステロール、
HDLコレステロールの増加を抑制することも証明されています。

薬物療法

高脂血症の治療は食事療法と運動療法が中心になりますが、
あまり効果が出ない場合には薬物療法も組み合わせて行います。

LDLコレステロールを低下させるにはフィブラート系またはニコチン酸製剤、
HDLコレステロールを低下させるにはスタチン系が使用されます。

高脂血症と一口にいっても数種類あるコレステロールのうちどれが高いか、
中性脂肪値が高いかは人それぞれです。
どのタイプの高脂血症なのかをしっかりと検査を行って投薬しなければいけません。

 

高脂血症が治るまで

高脂血症の治療はコレステロール値や中性脂肪値が正常に戻れば終了です。
合併症に至る前に治療を終了することが目標になります。

人によっては長くなることもありますが、
それで合併症を防いでいるとも考えられるので途中で中止してしまうのはおすすめできません。
とくに遺伝的に高脂血症になりやすい人は要注意です。

また、一度治療が終了したとしても定期検査は必ずうけましょう。
高脂血症は自覚症状がないのでとにかく注意深く見守ることが大切なのです。