花粉症/詳細

花粉症の治療・診察

新宿西口にある当院内科では、花粉症の治療を行っています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因で引き起こされるアレルギー症状で、花粉が飛散する時期だけ症状を発する季節性の鼻炎です。 日本人のうち、およそ2割が花粉症と考えられます。とくに、発症してから10年以上という人は少なくありません。

最近では子供の花粉症も少なくなく、およそ3人に1人が「自覚症状がある」と回答したと言います。 花粉症は、鼻水や鼻づまりをもたらすだけではありません。仕事や家事の集中力を下げたり、日中の身体のだるさを与えたりと、日常生活に大きな支障をきたします。アナフィラキシーショックによって命を落とすリスクもあるため、適切な治療を行うことが大切です。

花粉症の原因

花粉症の原因は、体内に侵入した花粉を取り除くために、身体が過剰防衛をしてしまうからです。通常、身体は異物が入ると、鼻水やくしゃみによって外へ追い出そうとします。しかし、花粉症の方は、花粉が身体に入るとアレルギー反応を起こし、体外へ排出しようと強い力がはたらくのです。

花粉症になる季節は春だけではありません。特定の植物の花粉に反応するため、身体がアレルギー反応しているものを探す必要があります。近年、花粉症の方が増えている原因は、「昭和30年代以降に行われたスギの植林」「欧米型の高たんぱくな食生活」「ストレス社会による免疫力の低下」が考えられます。

必ずしも花粉の飛散だけではないので、生活習慣を見直しながら、症状を改善に導く必要があるのです。

病例

一般的に、花粉症になると、くしゃみや、鼻水、鼻づまり、さらに目のかゆみが症状として現れます。のどに違和感を覚えたり、皮膚炎になってしまったりと、人によって現れるアレルギー反応はさまざまです。重症になると、ぜんそくのような症状や微熱が起こるケースもあります。

モーニングアタックという症状も、花粉症ならではの特徴です。朝目が覚めたとき、発作的に鼻炎を引き起こし、1日中不調に悩まされる方もいます。さらに、鼻炎だけでなく、集中力がなくなってしまったり肌荒れしたりと、日常生活に悪影響を及ぼす可能性もある症状です。まれに、アナフィラキシーショックを起こすリスクもあります。命にかかわる可能性もあることから、たかが花粉症とあなどってはいけません。

検査と診断

花粉症の原因物質を検査する方法は、血液検査が主流です。血液を採取し、血中にあるIgE抗体という抗体の量を測定します。IgE抗体は、花粉が侵入すると作られる抗体です。特定の花粉が侵入したときに量が増えるので、どれが花粉症の原因になっているかがわかります。

花粉症の治療方法

現代の医学では、症状を緩和することはできても、花粉症を根治することはできません。しかし、治療を通じて、日常生活に支障が出ないようにすることはできます。 主な花粉症の治療法は薬物療法です。花粉が飛散する前に治療する方法は、毎日抗アレルギー薬を使用します。薬の種類は内服薬、点鼻薬、目薬です。

一方、症状が現れたあとに治療する方法は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使い、くしゃみや鼻水といった症状に対処します。 また、全身の体質改善を期し、漢方薬を使用することもあります。治療には、小青竜湯や葛根湯加辛夷川などの漢方薬を用いるのが一般的です。短期的な効果を得るのは難しいですが、体質自体が変わることで、長期的に花粉症になりづらい身体を作ることはできます。

花粉症の薬は、副作用をもたらすリスクもあります。自己判断で使用せず、必ず医師の指示の下で使用するようにしてください。

花粉症の改善例

花粉症の薬物療法のうち、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を使用するケースは少なくありません。これらの薬は、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンの放出を防ぎ、症状が現れづらくします。花粉症を根治することはできませんが、鼻水やくしゃみが止まったという改善例も多数見受けられます。

また、花粉症の症状を緩和する抗ヒスタミン剤は、眠気やだるさを引き起こす可能性があります。第2世代抗ヒスタミン薬を利用し、これらの副作用を抑えている方も少なくありません。花粉症が原因で睡眠不足になってしまう方もいますが、睡眠前に薬を飲むことで改善したという方も見受けられます。鼻水や鼻づまりによって寝不足という方は、速やかに内科を受診することをおすすめします。

費用

保険診療が可能な花粉症は、診察料および処方箋料で1,100円前後になる見込みです。治療内容に応じて診察料等は異なります。

まず、花粉症のアレルギー検査は、項目数にもよりますが、最大で1回で6,000円前後かかると言われています。治療内容によっては、保険診療外の治療になるため、詳しくは内科でご相談ください。

日常生活の注意点

アレルギーの原因となる特定の花粉に触れると、花粉症の症状が現れます。日常生活では、以下の点に注意しましょう。

まず、家庭内では午前中に掃除や洗濯を済ませましょう。午後になると花粉の飛散量が増えるからです。小まめに掃除機を掛け、室内に布団を干し、日中は窓を閉めておけば、部屋に花粉が入るのを防ぐことができます。 外出時はマスクを着用しましょう。鼻や口から入る花粉を90%程度抑えられるからです。湿ったガーゼを挟むと、鼻の粘膜を保護できるうえに、花粉防止効果を高めることができます。メガネも着用するとさらに効果的です。

帰宅時は、玄関で衣服についた花粉を払いましょう。自宅に花粉を持ちこまないためです。また、うがいと手洗いのほか、目を洗い、身体についた花粉を追い出します。