不眠症と睡眠薬

健康でいるためには、よい睡眠をとることが、とても大切なのですが、じつは不眠症で悩んでいるという人が数万人はいるといわれています。それは高齢者だけでなく若い人でも不眠症で悩んでいるという人はいます。現代人はストレス社会の中で生きているといわれていますが、ストレスで眠れなかったり、年齢を重ねるうちになかなか眠れなくなるという人もいます。
そんな人には、睡眠薬を飲んででも寝たほうが、体のためにはいいといわれています。ただ、睡眠薬を素人判断で飲んでいいというものではありません。まずは、内科で診察をうけて医師の指導のもとに飲んだほうが副作用や依存症にならないといわれています。
いまは、ネットなどでも睡眠薬が買える時代ですから、誤ってたくさん飲んで体調を崩してしまったり薬に頼りすぎて、薬を手放せないという事になりがちなのです。ですからまずは内科にいって自分に合う適量の薬をもらうことが必要なのです。もし西新宿に住んでいるから通勤しているということであれば、西新宿にある内科で診察を受けることが必要です。またなるべく薬に頼らないように、ヨガをやったり適度な運動をして心地よい疲れを感じることも大切なことです。