不眠症改善のための睡眠の知識

寝つきが悪かったり寝てる途中に目が覚めるなど満足のいく睡眠が取れずに悩まされている方も多いでしょうが、西新宿にある内科専門外来のクリニックにもそういった不眠症でお悩みの方が来院されます。
睡眠に関しては現在5人に1人が悩まされていると言われていますし、10人に1人が長期型の不眠症に悩まされているとも言われていますから国民病と言える部分があるかもしれません。
原因としては睡眠環境の変化や精神的なストレスの影響で起こったりしますし、睡眠と関係性が深いうつ病が引き金になったり薬の副作用や飲酒も原因になったりします。
さらに社会人には仕事の忙しさが原因で十分な睡眠時間が確保できないという方が非常に多いです。
こういった不眠症に関しては睡眠の知識を知っておくことが改善の第一歩となります。
睡眠は脳の休息を図るノンレム睡眠と肉体を休息させるレム睡眠がありますが、睡眠はこの2種類の眠りが90分サイクルで入れ替わり繰り返されています。
また睡眠は長く取るほど良いというわけではないので不眠症を改善するためには脳を休ませるノンレム睡眠を十分に取る事が重要になってきます。
ノンレム睡眠は日中太陽の光を浴びて体内時計の調節をしたり運動習慣を付ける事で増やすことができると言われていますし、睡眠前にリラックス状態を作るのも大切なのでぬるま湯での入浴が良いとされています。
他にも寝具を熟睡をサポートするタイプに変えてみたり、睡眠のリズムを整えるために就寝時間や起床時間をできるだけ決まった時間に行う事も重要です。
ただこういった改善策で効果が得られない場合は薬や精神療法に治療を受けるのが良いでしょう。