糖尿病と歯の病気の関係

みなさんは、糖尿病と葉の病気が関連していることを知っていますか。歯の病気は、一見他の病気に関係がないように見えますが、内臓にも虫歯や歯周病がダメージを与えている場合があります。糖尿病は、今まで肥満が原因だとされていました。しかし、ストレス性のものや、運動不足なども理由の一つとして取り上げられています。

特に、歯の病気は日本人の4人に1人がかかっています。虫歯など、痛みを伴うものは治療する人が多いのですが、歯肉炎や歯周病などの、生活には障害を起こさないものは放置してしまうことが多いです。そのことが原因で、糖尿病やがんなどの重い病気になってしまうことがあるのです。もし、歯の病気を持っている人がいれば、新宿の内科に相談してみましょう。

糖尿病自体は、内科でしかみてもらえないのでまずは内科に行くことをおすすめします。歯科には、そこで診断書をもらっていくことで有効な治療法を使ってもらえます。そして、定期的な検診が大事になるので気になる人はセミナーに行ってみてはいかがでしょうか。どのような病気を持っているのかがわかるので、あまり病院に行かない人は何かわかるかもしれません。手遅れになる前に、初期症状が起こったらすぐに行きましょう。