ストレス性糖尿病とは

みなさんは、糖尿病がストレス性によるものもあることをご存知ですか。大抵の人が、肥満や生活習慣が悪い人が糖尿病になると思い込んでいます。

最近は、様々な病気がストレスで引き起こされます。ストレス性のものは、現代社会が引き起こしたもので、仕事や家庭でのストレスを抱えているひとが増えてきているからです。また、食生活を改めることでイライラを抑えることができます。魚や牛乳とチーズなどの乳製品、またはカルシウムを多く含んだ食材をとることで、ストレス性の糖尿病を予防することが可能です。そして、定期的な運動をすることでリラックスできるので、軽いジョギングやウォーキングを始めてみるのもおすすめです。

もし、仕事で忙しいサラリーマンや主婦なら家でも簡単にできる、筋トレがいいでしょう。スクワットや腕立て伏せなどを5分するだけでも効果があります。新宿にある内科では、毎週運動をするような取り組みを促すセミナーが開かれており、膝やひじなどの関節を痛めないような運動を教えてくれます。体に負担がかからないようなものは、新宿の内科にいる実績と経験を積んだプロの医師がよく知っています。動くことが苦手なひとでも気軽にできるのでおすすめです。