2017年新宿にある当院内科の花粉症治療

新宿区西新宿の当院内科では、2017年2月中旬頃から、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などの花粉症の症状を訴えて来院する患者さまが増えています。

東京都新宿区西新宿あたりですと、毎年3月いっぱいまでは、症状が続くことが多いようです。統計的なデータがあるわけではないですが、2017年は、新宿近辺では、例年通りの時期にスギ花粉の飛散のように感じます。

当院内科では、花粉症の飲み薬、目薬、点鼻薬などを症状に合わせて処方しております。花粉症の飲み薬で当院で処方することの多い薬アレグラ(眠気が起こりにくい)クラリチン(眠気が起こりにくい)アレロックタリオンザイザルエバステルジルテックセレスタミン(ステロイド含有)点眼薬パタノールリボスチン点鼻薬アラミストフルナーゼナゾネックス漢方薬ショウセイリュウトウなどを、よく処方しております。

他院通勤中で、継続処方ご希望の方は、医師にお気軽にご相談ください。薬の効果には個人差もありますので、使い慣れている薬を継続処方される方も少なくありません。

内科でも目薬を処方しております。なお、レーザー治療、舌下免疫療法、ステロイド注射は、おこなっておりませんのでご了承ください。