花粉症と風邪の咳の違いと見分け方

何だか咳が止まらない、風邪かもしれないから風邪薬でも飲んでおくか、ちょっと待ってください、その咳、もしかしたら花粉症のせいかもしれません。花粉症で咳が出るの? と不思議に感じられるかもしれませんが、実はこの病気には風邪の初期症状によく似た症状がたくさんあるのです。風邪だと思ってせっせと風邪薬を飲んでいたら、一向に改善せずにどんどん悪化してしまった、そんなことのないように、花粉症と風邪の症状の違いなどについて、考えてみましょう。

風邪と花粉症の見分け方のポイントは、咳そのものよりもそれ以外の症状にあります。まず、風邪の場合、喉が痛むということがよくあります。特に、唾を飲み込んだり、飲食物を飲み込んだりした時などです。それに対して花粉症の場合には、痛いというより痒いという感覚が強いのです。これは、喉に花粉が付着して、アレルギー反応を起こしているためです。また、熱に関してですが、花粉症の場合でも全く熱が出ないわけではないのですが、一般的にあまり高い熱は出ません。それに対して風邪の場合には、38度以上の高熱が出ることがある、という違いがあります。高熱が出た場合には、まず間違いなく風邪による咳です。
それから、花粉症の場合にはほとんどの方が目の痒みを覚えるのですが、風邪の場合にはこうした症状はありません。逆に、下痢、嘔吐、悪寒などの症状が見られたら、風邪と思っていいでしょう。鼻水も、花粉症は透明でさらさらして水のような状態、風邪は粘り気があり黄色みがかっている、という違いがあります。
以上が、花粉症と風邪による咳の見分け方のポイントです。ただし、これはあくまでもセルフチェックのポイントですので、これさえ押さえておけば見分け方は万全、というわけではありません。やはり、どちらにしても中々治らない咳の症状が見られたら、勝手に自己判断せず、速やかに内科を受診しましょう。もしもそのまま放っておいて、肺炎にでもなってしまったら、大変です。
新宿にある「新宿駅前クリニック」でしたら、会社の帰りなどに予約なしで気軽に受診することができます。また、新宿駅からすぐという立地ですので、新宿まで何かの用事でお出かけになった際、ついでに立ち寄っていただくのにも便利です。
風邪にしろ、花粉症にしろ、早い段階での対処がその後の症状の行方を左右します。内科を受診して、しっかりとした診断を仰ぎましょう。

花粉症と風邪の咳症状の見分け方のポイントとしては周辺症状の違いがありますが、では花粉症の咳を抑えるためにはどのようなことが重要になって来るのでしょうか。
セルフケアということで考えた場合、最も忘れてならない点は喉を潤す、ということにつきるでしょう。これには風邪も花粉症も大きな違いはないと言えます。まず、日常生活では必ずマスクを着用してください。これは花粉を吸いこんでしまわないよう身を守るという意味もありますが、喉を乾燥させないためにも効果があるのです。そして、のど飴やのどスプレーなどを使って、喉を潤すようにします。飴なんか効果あるの、と思われるかもしれませんが、飴をなめることで唾液の分泌が促され、その結果、喉を潤すことができるのです。また、うがいも効果があります。喉を潤すと同時に喉についた花粉をうがいで洗い流しましょう。そして、できれば夜お休みになる時には、加湿器をご利用ください。寝ている間に鼻が詰まったりして、口呼吸になってしまうと、喉が乾燥してしまいます。そうしたことを防ぐためにも、ぜひ加湿器のご利用をおすすめします。また、喉が渇いたら生姜湯やお茶、はちみつ入りの紅茶など、喉に良い飲み物を積極的に摂るようにしましょう。水分を補給することで、喉にも潤いが生まれるでしょう。
しかし、喉の保湿に注意していてもやっぱり咳が出てしまう、そんな時には迷わず内科を受診しましょう。「新宿駅前クリニック」では、花粉症に効果のあり、副作用の少ない薬をいろいろと用意しています。中には、薬はなるべく使いたくない、という方もいますが、それは症状を悪化させてしまう恐れがあります。花粉症のせいだからと、あなどってはいけません。症状が悪化すればそれだけ治りにくくなるのは、どんな病気でも同じです。適切な薬の服用で、確実に症状は押さえられるのです。また、「新宿駅前クリニック」は内科のみではなく、耳鼻咽喉科も併設しています。あらゆる角度から、花粉症の不快症状に対処可能な環境が整っていると言えます。
そして、もう一つの心配は花粉症の症状に紛れて、重大な病気を見落としてしまうことです。内科を受診することで、そのような心配も防げますし、他の症状の軽減も図れるのです。
新宿は遊びに行くところ、新宿は仕事に行くところ、電車の乗り換えポイント、いずれも正解でしょう。ただ、その合間のちょっとした時間を有効活用して、「新宿駅前クリニック」の内科を受診してみませんか。きっと、仕事も遊びももっと心からエンジョイできるようになることでしょう。