風邪・インフルエンザの流行に気をつける時期

冬が近づくと、気温の急激な変化や空気の乾燥などにより、風邪をひく人が増えてきます。一口に「風邪」と言っても、その種類は様々であり場合によっては長期間患うケースもあります。新宿区の内科クリニックでは、風はひき初めに適切な処置を行うことで、症状が悪化したり長引かせたりする確率を減らすことができるとしています。そこで、風邪をなるべく早期に治癒させるために、その流行時期や適切な対処法などを、新宿区の内科クリニックのホームページを参考に紹介していきます。
先ずその前に、風邪の種類を見ていきましょう。新宿区の内科クリニックによると、風邪には症状が現れる場所によってその原因や症状・治癒期間が変わってくるとしています。主な種類としては、鼻の風邪・のどの風邪・おなかの風邪・インフルエンザ・肺炎などがあります。
鼻の風邪は「普通感冒(ふつうかんぼう)」と呼ばれるもので、特徴はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・微熱などが起こることで、原因は「ライノウイルス」や「パラインフルエンザウイルス」によるものと、新宿区の内科クリニックは紹介しています。感染後約2日~3日程度で治るとしていますが、新宿区の内科クリニックではウイルスによって他人への感染も考えられるとして、手洗いうがいの他、マスク着用を推奨しています。
のどの風邪は「ウイルス性咽頭炎」と呼ばれ、主にのどの炎症から来る痛みの他、頭痛・発熱・食欲低下等の症状が起こります。これは「アデノウイルス」によるもので、通常約3日~5日程度で治ります。この症状では、溶連菌などの合併症の危険性があるため、軽視せずにきちんと新宿区クリニックなどで治療を受けましょう。
おなかの風邪は「胃腸炎」の可能性が高く、微熱を伴いながら嘔吐・下痢を繰り返すという特徴があります。おなかの風邪には「ウイルス性腸炎」や「ノロウイルス」なども含まれてており、脱水になりがちなので経口補水液などでこまめな水分補給が必要です。
新宿区の内科クリニックでは、特にこれらの風邪の治療を行っています。

風邪の種類には、鼻・のど・おなかの3つの風邪の他に、「インフルエンザ」や「肺炎」なども含まれています。
インフルエンザは、毎年冬の乾燥時期から春先にかけて大流行しています。新宿区の内科クリニックによると、インフルエンザには、A型・B型・C型の3種類が存在すると言われており、これらのうち毎年大流行を生み出す型がA型です。更にA型には「Aアジア型」と「A香港型」などがあり、これらはウイルス粒子の表面にあるHA(へマグルチニン)やNA(ノイラミニターゼ)という物質の組み合わせの違いにより分類されています。
インフルエンザが流行するのは、1日の寒暖差が大きくなる10月末から11月の時期から急激に増加すると、新宿のクリニックは言います。特に季節の変わり目は寒暖差が大きくなり、冬に近づくにつれ空気も乾燥してきます。こうした時期が最もインフルエンザの活動が激しくなり、感染も拡大していくのです。そのため、外出する際には予防策を講じるなどして、インフルエンザにかからない対策をとることが必要としています。

感染すると恐ろしいインフルエンザですが、ではこのインフルエンザを含め、風邪全般を予防する対策で役に立つものはあるのでしょうか。
新宿区の内科クリニックでは、風邪全般の感染原因は主に「ウイルス感染」によるもののため、最も有効な予防方法であり、基本でもある「手洗い・うがい・マスク着用」を挙げています。外出すると、様々なものに触ったり人の集まる場所に行ったりします。そこには、あらゆる雑菌やウイルスがまん延しており、知らず知らずのうちに、それらの病原菌を体内に取り込んでしまっているのです。そのため、手を綺麗に洗いうがいを丁寧にすることで、体内に取り込んでしまった(取り込んでしまう)病原菌を減少させることができます。これにより、風邪やインフルエンザなどが発症する確率が軽減されるとしています。
注意するのは家の中でもあり、冬の間は暖房によって室内が非常に乾燥しやすくなっています。新宿区のクリニックでは、乾燥もウイルスを増大させる一つの要因になるとして、加湿器などを使用して湿度を保つことも重要としています。
習慣や環境からの予防策を行ったら、自身の免疫力を高めることも必要であるとし、新宿のクリニックでは栄養バランスの取れた食事・十分な睡眠と休養を取ることを大いに推奨しています。また、冬の時期は体温が低下しやすくなる時期でもあり、体温が低くなると免疫力が衰えてしまうため風邪をひきやすくなるとしています。そのために、防寒対策にも気を配り温かい格好をして体温を下げないようにしましょう。それでもお体が温まらない場合には、体を温める効果のある食材を使用した食事などを摂取するのも効果的としています。
冬の大流行を前に、風邪やインフルエンザにかからないよう、きちんとした予防対策で冬を乗り切り、それでも感染してしまった場合には、新宿区の内科クリニックなどで早期治癒に心掛けましょう。