色々な種類の「花粉症」対策

花粉症は、全国的にたくさんの人が発症している症状です。新宿区などにある病院では、毎年耳鼻科や眼科にやってくる患者さんも多くなっています。ただ、花粉症を治療できる科としては実は内科もあり、内科ではそれぞれの体の部位の不愉快な症状を取ることよりも、むしろ全身の各種症状をケアしていくほうが重点的に行われています。
では、内科に行くだけではなくどんな治療方法があるのでしょうか。内科によっては、自分でのケアや家での様々な部分を手入れするように言われることもあります。

まず、対策としては空気清浄機のフィルターを掃除することです。
これは空気清浄機についている花粉やホコリ・ダニ・アレルゲンを排除し、空気をより綺麗にするものでもあります。
実は意外と掃除をしていない人も多いのがこの空気清浄機であり、特に掃除していないフィルターはとても汚れているので、例えば新宿区など空気があまり綺麗ではない地域の場合、空気清浄機で部屋の空気を綺麗にすることは第一に大事なことでもあるのです。
この場合、空気清浄機のフィルターには様々な種類がありますから、それぞれその清浄機にあったやり方で手入れをし、フィルターを掃除しましょう。機種によっても手入れの方法は違いますから、詳しいことはそれぞれの機種の取扱説明書を見たり、サポートに質問をしてやり方を聞いておきましょう。
また、これは自宅のみではなく、会社や自分の車の中にある清浄機も同じように掃除しましょう。また、もし業者などを使って清掃する必要があるのなら依頼するのも方法です。

ただ、新宿区などの場合は花粉症の発症率も高く、自分でできる花粉症対策を行っている人もいるので、そのような人に対してやり方や対策を聞くのも方法です。
花粉症対策のグッズは種類が豊富ですが、使っている人が多いものとしてはマスクがあります。鼻と口を覆うことで花粉の侵入を防ぎ、症状となる鼻水やくしゃみが出るのを防ぎます。基本的に体調が悪くなることはないのですが、目元に対して症状が出るのには無効です。
もう一つはゴーグルです。これはメガネ等と同じようにかけることで花粉の侵入を防ぎます。メガネやサングラスを使う人もいますが、違うのは隙間がほとんど無いため目の粘膜と花粉が触れ合うことがないということです。このため、涙や目の違和感なども防ぐことができます。
また、甜茶というのも有効なグッズです。これは長いこと花粉症に効くお茶として有名で、一般的なドラッグストアや有名なお茶販売店などでも販売されています。体質を改善するためというよりは、各種症状を和らげてくれるのが基本的なところになります。味や効果はそのお茶の質や茶葉によっても違いますので、自分にあったものや効果が出やすい種類を購入して使用するのが一番です。
内服薬もあり、これは一般の病院で処方されるものもあれば市販薬もあります。処方薬を希望する場合は健康保険証を持って内科などを受診しましょう。市販薬の場合はアレルギーの有無などがそれぞれ違いますから、箱の裏面にある薬の成分や注意事項に目を通しましょう。また、もし引っかかることがあるのなら薬剤師に相談し、疑問点は解決しておくようにします。当たり前のことではありますが、用法・容量を守って正しく使用してください。長期的に利用するのなら、場合によっては医師の診察が必要になることもあります。
また、新宿区などの場合は先進的な医療を提供している病院も多いので、中には病院がオリジナルのグッズを作っているところもあります。この場合は内容を聞いて、必要そうなら購入して試してみてもいいでしょう。ただ、種類はその病院によっても様々です。病院の中には自分の医院の利益を考えてそのようなグッズを販売している会社もありますから、気をつけておきたいものです。
ちなみに最近は花粉ブロックをしてくれるスプレーもあります。これは顔にシュッと吹きかけるだけで花粉が顔や目・鼻につかなくなるというメリットがあります。1000円以下の安価で始まり、花粉により肌荒れが起こるという人に支持されているようです。新宿区などでも利用している人は多いようですよ。化粧品について有名な企業が販売しているところもあれば、そうではないところもあります。専門のアイテムなら新宿区などに専門のお店がありますから、そこに行って良いグッズがあるかを探すのも方法です。
もし大きなマスクが気になるというのなら、ノーズマスクというものもあります。これは鼻に入れるパッドなのですが、とにかく目立ちません。特に新宿区などおしゃれな地域を歩くときには、大きなマスクが気になるかもしれませんしメガネが曇ることもあるのですが、実際には新宿区などでもけっこう目立たずつけているひとが多いのです。鼻のパッドなので小さく、入れるのも簡単です。ちょっとお高めなのが難点ですが、それでも鼻にきちんとフィットします。