季節性インフルエンザ対策のススメ

乾燥した北風が吹くようになると心配になるのが、季節性インフルエンザなどの感染症です。インフルエンザは単なる風邪と異なり、重症化すると死亡することもあるとても怖い病気なので、かかったと思ったらできるだけ早めの対策が必要になります。
先ずは季節性インフルエンザに感染しないようにすること、それでも感染してしまったら、あるいはインフルエンザか風邪かわからないような症状がでてきたらどう対処すればよいのかということに迷うこともしばしばです。
忙しく毎日を生きる人々にとって、病気だからといってすぐに仕事を休んだり、症状がひどくないのに内科を受診することはなかなか難しいことです。実は、そんな時こそ早めの内科受診が必要なので、かかりはじめに適切な対策をとるためにはどうすればよいのでしょうか。

季節性のインフルエンザはインフルエンザウイルスを病原とする呼吸器の感染症です。普通のかぜ症候群とは別のもので、感染力が非常に強く重症化しやすい病気のひとつです。毎年冬になると世界中どこかで流行がみられており、日本では毎年約1千万人の人たちが感染しています。ひとたび流行が始まると急激に人から人へ、次々と感染が広がっていきます。その伝染性は20〜40%で、急速に発病します。初めは寒気と頭痛があり、次第に発熱と筋肉痛、非常に強いだるさなどの全身症状があらわれます。熱はほぼ39〜40℃が続き、この他に普通の風邪と同じようなのどの痛み、鼻汁、咳などの症状もあり経過は長引きます。
感染しないようにするための対策としては、感染経路を断ち、予防接種を受け、免疫力を高めることです。丁寧でこまめな手洗いやうがい、外出時には手を顔に触れないよう気をつけることも大切です。予防接種も受けて、日頃から十分な睡眠とバランスのとれた食生活を心がけるようにしたいものです。
ところが予防接種は予約や受付時間など、仕事を持つ人にはなかなか受けにくいものであるのが現実で、医療機関を探しているうちに本当に罹ってしまったということもあります。でも、西新宿には予約不要で待ち時間も少なく、簡単に予防接種を受けられるところもあるので、積極的な予防法の一つとして取り入れるのも得策です。
できる限りの対策をとったにもかかわらず季節性インフルエンザにかかってしまったら、あるいは、なんだか調子が悪いという場合にはすぐに受診することが肝心です。発病から48時間以内に抗ウイルス薬を服用すればかなり早い回復が望めます。
西新宿の内科なら、予約不要で待ち時間も少なく受診することができます。西新宿のオフィス街なので、ちょっとした休み時間やランチタイムなどに行くことも可能なので、とても便利です。休みたいけれど休めない、今はひどくないけどこのままにしても大丈夫だろうか、家の近所の医院を受診していると仕事に間に合わない、市販薬では治るか心配、週末まで放っておきたくない、などの人は西新宿の内科を受診することで、早めの適切な治療を受けることができます。それは、病気の悪化を防ぎ、仕事への悪影響も最小限ですみ、結局は費用対効果に直結してきます。
西新宿の内科は、働く人の時間のやりくりの大変さを熟知したうえで対応して貰えるので、様々な点で仕事の合間をぬって受診するのに便利です。西新宿という場所だからこその時間サイクルで、西新宿で働く人の気持ちに寄り添いながらの態勢で存在しています。

季節性のインフルエンザでは、特に注意が必要な人がいます。65歳以上の高齢者、幼児、妊娠28週以上の女性、肺気腫・気管支喘息・肺線維症・肺結核など慢性肺疾患のある人、僧帽弁膜症・鬱血性心不全など心疾患のある人、慢性腎不全・血液透析患者・腎移植患者など腎疾患のある人、糖尿病・アジソン病など代謝異常のある人、免疫不全状態の人は重症化する危険性が高いので十分注意しなければなりません。
インフルエンザが引き起こす合併症としては、気管支炎、気管支喘息憎悪、肺炎、肝障害、ギラン・バレー症候群、その他の精神神経症状、心筋炎、腎不全、特に幼児の場合は、中耳炎、副鼻腔炎、クループ、熱性けいれん、脳症、ライ症候群、筋炎があります。高齢者は、感染する率は低いものの死亡率は高くなっています。インフルエンザは高齢者にとって「老人の最期の生命のともしびを消す疾患」とも言われているほどです。
このような重症化する危険性が高い人にとって、最も確実な予防の基本は、流行前に予防接種を受けることです。医師と相談の上、早めに接種することが必要です。ワクチンは接種してから効果を発揮するまでに2週間かかります。幼児と高齢者は2回接種、中学生以上は1回接種で、2回目は1回目から1〜4週間あけて接種します。ワクチンの有効な免疫の持続期間は3か月なので、毎年シーズン前に接種を繰り返す必要があります。 
いろいろな相談やワクチン接種の通院など、通うのに便利な西新宿の内科なら足を運ぶのにもとても便利で、行くことそのものが負担にならずに済みます。受診する人の利便性や都合を考慮した医療機関は病気の予防にも、病気になった時にもとても心強い味方になります。西新宿という立地だからこそ、そこで生活し働く人たちにエールを送るかのように待ち受けてくれるのです。