「急性胃腸炎」の復活のサインはおなら?

急性の胃腸炎という病気を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。急性の胃腸炎は内科を受診しますが、新宿付近にお住まいの方はこの新宿駅の駅前から近いクリニックを利用すると便利です。胃腸炎は突然の下痢や嘔吐を伴う病気です。治ったかどうかはなかなか判断しにくいですが、そんな胃腸炎の復活のサインはどういうものなのかを知っておきましょう。

急性胃腸炎になった場合はどんな食事を食べたら良いのかと迷ってしまいますが、正解は症状がひどい時にはなるべく食事をしないということです。急性期は胃腸が弱ってしまっていますから一度にたくさんの量を食べてしまうと余計に吐いたり下痢や腹痛が激しくなってしまうのです。また嘔吐や下痢をすると塩分が多く失われてしまいますので、水しか飲んでいない状態ですと元気もなくなってしまいます。ですから経口補水液のようなものを摂取しておくと良いです。スポーツドリンクでも代用は可能ですし、自宅でも簡単に作ることができます。用意するものは湯冷まし1リットル、砂糖40g、塩3gほどです。湯冷ましに砂糖と塩を溶かし混ぜて作ることができますから、これを最初は1回につき5mlほどから始めて、10分から20分ほどの間隔で飲みます。吐いたりしなければ少しずつ量を増やします。もし吐いてしまうようであれば嘔吐後20分ほどあけて少しずつまた飲むようにします。増やした時も1回につき30mlから50mlほどしておくようにしましょう。そして吐き気がおさまってきたら食事を再開してみるのも良いです。目安としては3時間ほど嘔吐しないことです。再開したばかりの時はおかゆや味噌汁、豆腐や煮込みうどん、すりおろしりんごやニンジンスープなどが良いです。1、2口ほど試してみて吐き気がしないようであれば少しずつ食べていきます。腸への負担を減らすために1日5、6回に食事を分けて食べます。この時に避けたほうがいいのは油っこいものや香辛料、炭酸、冷たいもの、柑橘系や甘過ぎるものです。これらは胃腸に負担をかけやすく、再び嘔吐や下痢が始まってしまう原因になりますので完全に落ち着くまでは避けたほうがいいです。すりおろしリンゴやにんじんスープは下痢に効果がありますのでオススメです。ニンジンスープは味付けは塩のみで、ニンジンをどろどろに煮込んで完成です。味付けは薄味にしておきましょう。ただし下痢や嘔吐があまりにも頻繁であれば一度内科を受診したほうが良いです。例えば新宿の駅前にあるこちらのクリニックでは事前予約は必要ありませんから、いざという時には受診しやすいです。新宿近辺の方はいざという時には利用するのが便利です。症状がひどい時には出かけることも難しいでしょうから、症状が少しおさまっている瞬間を狙って内科へ行くと体的にも楽です。ちなみにこちらの新宿の駅前のクリニックは駅から徒歩1分という近さですから、胃腸炎で体がだるい時でもほとんど歩かずにすみます。新宿のクリニックへ出かける時には忘れずに保険証を持っていきましょう。保険証がなければ自費診療の金額になってしまいますから大変です。

体がだるくなるような嘔吐や下痢の症状が少しずつおさまってきたとしても完全復活したかどうかはなかなか判断しにくいです。胃腸炎には何か復活のサインのようなものはあるのでしょうか。実はおならが復活のサインなのです。どういうことかといいますと、胃腸炎がまだ治っていない時には腸の状態が悪いので、おならは出ても腐った生卵のような悪臭がしたり、おならを出してるのにすっきりとした感じがしません。しかし改善に向かっていると腸の状態も良くなってきますのでおならをするとおなかがスッキリとしますし、腐ったような臭いもしなくなってきます。このサインを確認できたら食事を普通のものへと少しずつ変えていくようにするのがベストです。ただしあくまでも少しずつであって、気持ち的に楽になったから好きなものを食べてしまおうと急にたくさん食べるとすぐにまたおなかの痛みや吐き気、下痢などに襲われるようになる可能性もありますから無茶はしないでおくほうが良いです。また新宿の駅前のクリニックを受診した時に回復のサインについて質問してみるのも良いでしょう。自分ではわからない時には遠慮なく質問することができるのも新宿駅前のこちらのクリニックの良い所なのです。胃腸炎の時には出せるだけ出したほうが早く治りますから下痢止めなどの薬はなるべく飲まないほうが良いです。しかしどうしても体的にきつい場合には内科で相談することで何か対処方法をアドバイスしてもらうことができます。内科に限らずですが、相談しやすい環境作りをしているので気軽に聞いてみると良いです。あまりにも下痢がひどくて体もだるい時にはトイレに間に合わない場合もありますから、尿もれパッドなどを上手く利用して乗り切りましょう。