食事で風邪の予防の効果はいかに?

風邪をひかないための食事というと、食事としてのハードルが高そうですが、
病気を予防するということは、健康的な食事を心がけることと同じだと考えると分かりやすいでしょう。
健康的な食生活の第一歩は、栄養バランスの取れた献立です。
食材は薬ではありませんので、風邪をひいてしまってから気を付けるより、日頃の食生活を見直して、
風邪の予防を考えましょう。

栄養のバランスということは、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどのバランスに気を付けて、
炭水化物ばかりだったり、甘いものばかりだったりといった偏った食事をしないことです。
例えば、新宿区のような都会でのランチだと、丼物ですます人と、定食でランチをすます人、
様々に選ぶことが出来ますが、定食の方がバランスが取れています。
炭水化物やタンパク質、ビタミンなど種類を数多く摂取することが出来る定食、
牛丼などの丼物だと、ビタミンなどがとりずらいですね。
バランスのとれた食事を基本に、風邪の季節であれば、免疫力を高めたり、
鼻や喉などの粘膜を保護する作用の有るビタミン類を多くとるように心がけると、効果的な予防になります。

栄養バランスの良いということは、おかずの種類の多いと言い換えても良いかもしれません。
風邪の予防ですので、まずは暖かいものを食べて、身体を冷やさないことが大切です。
うどんを食べるにしても、きつねうどんのように、具材が一つのものよりは、
鍋焼きうどんのようにたくさんの食材が入っているものが良いですね。

自宅で食べるのであれば、良質のタンパク質は必須です。
肉や魚、豆腐に玉子、乳製品など数多くの異なったタンパク質を摂取しましょう。
ビタミンは、野菜や果物に多く含まれています。
冬場に美味しくなるミカンはビタミンCが豊富です。積極的に食べましょう。
また、キウイフルーツやいちごもビタミン豊富な冬に多く出回る食材ですので活用しましょう。

粘膜を保護するビタミンAは緑黄色野菜にたくさん含まれていますので、
人参やカボチャ、ホウレンソウなどを積極的に食べるようにましょう。
また、ビタミンAは鰻やレバーにも多く含まれています。
これらのメニューも冬場には積極的に取り入れると良いですね。

亜鉛は、疲労回復、新陳代謝を活発にし、免疫機能を高める作用がありますので、
亜鉛の多く含まれる、牡蠣なども風邪の予防に効果のある食材です。

こうした冬場に多く出回る食材などで、鍋料理を作ると、簡単にバランスの取れた
風邪の予防メニューが出来ますので、冬場の鍋はお勧めです。

万が一風邪をひいてしまったら、どんなメニューが良いのでしょうか?
基本的にはバランスよく食べることが大切ですが、身体を冷やさないということから
予防メニューにあった果物などは気を付けましょう。
身体が冷えてしまいますので、寒気するような場合には無理に食べない方が良いですね。
消化の良いメニューで、生の食材は避けるようにします。
玉子なども火を通した方が消化が良いですから、全て温めて食べるようにしましょう。
気を付けたいのは、水分補給です。脱水症状に陥らないためにも、大量に摂取します。
スポーツドリンクは、身体に吸収されやすいということと、カロリーがあるということで
食欲の無い時でも、積極的に飲むようにすると良いですね。

食欲があるようであれば、生姜をたっぷり入れたあんかけうどんや、
ニラや、ネギのたっぷり入った雑炊などは、身体を温めたり、殺菌効果が期待されますので
お勧めのメニューです。

風邪をひいてしまったら、食事で治すことも重要ですが、熱が高い、咳が止まらないなど
重症化する前に病院へ行くことも検討しましょう。
東京のど真ん中、ビジネスマンの多い新宿区内では、250を超す内科診療所が登録されています。
自宅で近くに内科クリニックや内科の病院が無い場合は、職場や学校の近く、
都心の真ん中新宿区等で受診する方が便利な場合があります。
新宿区内のクリニックの多くは駅から徒歩圏内にあったり、高層ビルの中にあったりしますので、
多少調子が悪くても、遠くの病院へ行くことを思えば便利ですね。

通勤通学前の、朝の7時30分から診療開始している内科の診療所もありますので
そういった場所を有効に活用して、早く症状を改善させることも考えてみましょう。
インフルエンザなども疑われる場合には、様々な検査も必要になるかもしれませんが、
空腹時の検査でも、朝の通勤通学前に受診できれば、絶飲食もそれほど辛くないですね。

また、新宿区であれば夜間や休日の診療体制も充実させていますので、
会社帰りに内科の診察を受けてみる、休日に診察してもらうということもできます。
こういったサービスは新宿区だけではなく、都心においては様々なエリアで行っていますので
各自治体のホームページなどを日頃からチェックしておくと、万が一の時にも安心です。

新宿区内に学校や職場がある方々は、人口密度の多いエリア特有の治りにくさもあります。
自分で解決できる症状と、医者に診てもらった方が良い症状もありますので、
臨機応変に考えるようにしましょう。
新宿区の職場などでは、ウイルスをまき散らす方が迷惑だと考えられてしまうかもしれません。
なるべく早く治すこと、周囲に感染を拡大させないようにするためにも、日頃から栄養バランスのとれた
温かいメニューで、健康な身体を維持するように心がけることが重要ですね。