糖尿病と動脈硬化の関係

糖尿病とは生活習慣病の1つで、インスリンというホルモンの作用が低下したことで、体内に取り入れた栄養素がうまく利用されず、血液中の血糖が多くなってしまっている状態のことです。インスリンの分泌不足とインスリンの作用がうまく働いていない場合とがあります。遺伝的な体質や運動不足などが原因に挙げられます。症状がひどくなると、頻繁に起こる喉の乾きや、疲れやすい体になってしまいます。

動脈硬化は運動不足や過食などが原因で体に脂肪が溜まることで起こりやすいと言われています。コレステロールの高い食事を続けることで、体内に悪玉コレステロールが増え、血管内にコレステロールが溜まった状態になります。糖尿病になり、血糖が高くなることで血管が狭くなり、動脈硬化を進める場合もあります。また、動脈硬化が進むことによって生じる狭心症や心筋梗塞などの病気を引き起こすリスクが高まるので、糖尿病は早急に治すことが必要です。

新宿駅西口から徒歩1分の近さにある、新宿駅前クリニックは内科や皮膚科などの診療科目があり、内科で糖尿病の診療を受けられます。問診票や電子カルテを使い効率化することで予約を不要にしているので、待ち時間も少ないです。