胃・十二指腸潰瘍は胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気

胃・十二指腸潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜が原因でさまざまな症状が現れる病気です。

胃や十二指腸の中の組織の一部が何らかの要因によって、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて痛みなどの不快な症状が現れます。ダメージを与えるのは、ピロリ菌や別の病気で使われている非ステロイド性抗炎症薬の刺激、胃酸です。

胃酸は消化のために必要なものですが、それが多く分泌されることによって胃や十二指腸を溶かしてしまうのです。溶けた部分はただれて潰瘍となります。 潰瘍は悪化すると深くなり、粘膜に穴を開けることもあり危険です。治療は内科で行われますので、面倒がらずに早期治療を行いましょう。

西新宿で内科を探すなら、便利な新宿駅前クリニックがあります。西新宿の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:   カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,