胃・十二指腸潰瘍で感じる胃部の痛みや不快な症状

胃・十二指腸潰瘍は、みぞおちの辺りに特徴的な症状が現れる病気です。胃や十二指腸の中の粘膜組織の一部が傷ついて、なくなってしまうというもので、その部分が刺激を受けて不快な症状が現れます。十二指腸潰瘍では空腹の時に痛くなり、胃の場合には食後に多く痛みが出やすくなります。

痛みの他にはむねやけ、吐き気、嘔吐などもあり、悪化すると潰瘍からの出血によって吐血やタール便という黒っぽい便が出ることもあります。潰瘍と聞くと怖い病気のように感じますが、内科の病院で治療を受ければ回復する病気です。

ただし、やはり放置しておくと悪化することもあるため、注意を要するものではあります。悪化しないうちに診察を受けて治療を始めましょう。

新宿駅前クリニックであれば、新宿区で仕事をしている人にも通いやすい立地で便利です。新宿区の職場や通勤途中に駅を利用する人は、一度新宿駅前クリニックで相談してみたらいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:   カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,