胃・十二指腸潰瘍が悪化すると吐血や下血の症状も

胃・十二指腸潰瘍の症状の中心はみぞおちあたりに感じる痛みです。食事の前後に感じることがありますが、それ以外は食欲もあまり落ちることがありません。

また自覚症状が出にくい人もいるようです。そのため、この病気を自覚ができなかったり、大したことはないと思って治療をしない人もいます。しかし、それは悪化のリスクが高いので要注意です。

胃・十二指腸潰瘍では、初期には胃や十二指腸にできた潰瘍が胃液や食べ物の刺激によって痛みますが、その後悪化するとそこから出血が起きて吐血や下血などを起こすこともあるのです。 下血はタール便と言う黒っぽくてドロドロした便が出るので、トイレでのチェックをしてみましょう。

そして気になるようであれば早めに内科の病院で治療を受けた方が良いでしょう。治療を受けるなら新宿駅前クリニックが便利です。新宿でお勤めしている人も会社帰りなどに通うことができます。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:   カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,