食欲不振の症状がでる慢性胃炎

慢性胃炎の症状としては、痛みや胃もたれなどとともに食欲不振が起こることもあります。急性に比較すると慢性の方が激しい痛みなどはないものの、長期化することもあるためいつまでも体調の悪さをひきずることになり辛いものです。

さらに食欲もなくなることで十分に食事をとりにくくなり、いつまでも元気が戻りません。症状が長引くと自分の体調管理だけでは不安があるため、内科できちんと治療を受けてしっかりと治しておくことが必要です。

新宿区の病院であれば複数の路線から通うこともできるため、便利で治療も苦になりません。新宿区で良い内科をお探しでしたら、新宿駅前クリニックでつらい食欲不振について相談してみてはいかがでしょうか。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:   カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,