片頭痛は動くことができず仕事・勉強・家事などが手につかなくなる

片頭痛の症状がひどいと、何もできないことも多いものです。心臓の鼓動と同じタイミングでズキンズキンと痛み、吐き気や嘔吐といった症状を起こすこともあります。動くと痛みがひどくなるため、仕事や勉強、家事なども手につかなくなるほどです。しかし、頭痛というのはよくある症状であり、動けないほどの苦しみをなかなか理解してもらえないこともあります。

片頭痛を予防するには、鎮痛剤も利用することです。痛みに苦しむ前に服用するのがコツ。頭痛信号を感じたら、鎮痛剤を服用するようにしましょう。痛みで仕事が手につかないと困ってしまいます。できれば内科に行って診察をしてもらい、頭痛薬を処方してもらうといいでしょう。新宿で内科をお探しの方は、新宿駅前クリニックをご利用ください。

新宿 内科|お待たせしない内科外来|新宿西口1分

日付:   カテゴリ:新宿の内科コラム and tagged , , , ,