鼻水/詳細

鼻水の治療・診察

新宿駅前にある当院では鼻水の症状に対しての治療も行っています。
鼻水は鼻から出る流動性、半流動性の液体ですが、
気道の粘膜を保護するためにつねに分泌されています。
普段は無意識のうちに飲み込んでいますが、
さまざまな理由で過剰に分泌されることがあり治療が必要になります。

たとえば、かぜの初期症状やアレルギー反応の症状のひとつとして鼻水は代表的なものです。
しかし、一方で少しの気温変化やほこりなどでも、
鼻水がいつもよりたくさん出てしまうこともあります。
季節の変わり目に鼻水で不愉快な思いをする人も少なくありません。

たかが鼻水と放置していると、
症状はいつまでたってもおさまらないどころか悪化させてしまうケースもあります。
早めに医師に相談することで症状をやわらげることもできます。
今年こそは鼻水でグシュグシュしながら春を迎えたくないと考えている人にもおすすめです。

主に、鼻水は、内科や耳鼻咽喉科(耳鼻科)で診療しています。

鼻水の原因

鼻水の原因でもっとも多いのはかぜです。
ウイルスや細菌などが鼻に侵入すると、鼻の粘膜は鼻水をたくさん出して粘膜を守ろうとします。
これがいわゆる鼻かぜといわれる急性鼻炎です。
花粉症の季節になるとアレルギー性鼻炎が大変増えます。

アレルギー性鼻炎のアレルゲンとしてはスギ花粉が有名ですが、ヒノキ花粉、イネ花粉、
ブタクサ花粉など人によって原因となる植物はさまざまです。
ダニ、ホコリ、ハウスダストなどでアレルギー性鼻炎になるケースもあります。

かぜやアレルギーによる粘膜の炎症が鼻周辺の副鼻腔まで広がった急性副鼻腔炎では、
鼻水だけではなく頭痛や発熱まで引き起こします。

また、急性副鼻腔炎に細菌感染が加わると蓄膿症になってしまいます。
鼻水だけのうちにしっかり治しておくことが非常に大切なのです。

病例

かぜによる鼻水は最初はさらさらとしていて透明ですが、
何日かするとドロッとした鼻水に変わります。
一方、アレルギー性の鼻水はずっと透明なサラサラタイプです。
急性副鼻腔炎でも最初はサラサラですが、しだいに黄色く粘り気がある鼻水に変化していきます。

蓄膿症では粘り気のある独特の鼻水が出ます。
喉の方に回ってくることもあり、大変不快感があります。

気温や湿度の変化で起きる血管運動性鼻炎は、ほんのわずかの刺激に反応して突然、
くしゃみなどとともに鼻水が出ます。
以上のように、どんな鼻水がどのように出るのかはその原因によってさまざまです。
逆にいうと、鼻水の状態をよく観察することで何の病気なのかある程度わかるというわけです。

鼻水の治療方法

鼻水の治療は内服薬の投薬がメインになります。
市販の鼻水の薬は眠くなる成分が入っていることも多いのですが、
当院では眠くならないタイプを処方することもできます。

かぜの鼻水を止めるには抗ヒスタミン薬入りのPL顆粒やピーエイ、
花粉症やハウスダストの鼻水には抗アレルギー薬のアレグラ、ジルテック、
エバステル等が投与されます。
もし、よりリーズナブルに済ませたいのであればジェネリック医薬品を処方することもできます。

なお、新宿にある当院では、夜間診療も行っているので忙しい人にもおすすめです。

診察までの応急処置

鼻水の治療をすぐにスタートできない時には、
自分でできる応急処置を試してみるのもおすすめです。
とくに、鼻をかむわけにもいかないタイミングで出てきた鼻水は本当に困ります。

急な鼻水を出にくくさせるには、にはたとえばツボを押すのもひとつの方法です。
鼻のつけねを片手の親指と人差し指でつまむようにして数秒間押し続けます。
これでいくらかは鼻水の分泌が抑えられたのを実感したという人もいます。

ティシュで鼻のかむ際は、鼻の周りの肌荒れにならないよう強くかみすぎないことも重要です。
ティシュもより質の良いものを選びましょう。

日常生活の注意点

鼻水に困らないためには日常生活の中で留意すべきいくつかのポイントがあります。
まず鼻水の最大の理由であるかぜウイルスや花粉などを寄せ付けないように
マスクと手荒いを徹底させましょう。

ハウスダストなどアレルギーの原因がはっきりしているならば、
そのアレルゲンをできるだけ除去します。
こまめに掃除をしたり、
花粉症ならば花粉を家の中に持ち込まない工夫をしたりするようにしましょう。
花粉が飛びやすい季節には布団を干さないようにするなど、小さなことの積み重ねが大事です。

また、免疫力を高めることも大切です。十分な睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を、
時間を決めてとるようにしたいところです。
暴飲暴食は避け、毎日少しずつでも軽い運動を続けることで鼻水に強い体質をつくりましょう。