インフルエンザ/詳細

インフルエンザの治療・診察

新宿西口にある当院内科ではインフルエンザの治療も行っています。
インフルエンザとはインフルエンザウイルスに感染して発症する病気で、
いわゆる風邪症候群のひとつです。

しかし、ほぼ40℃の高熱、のどの腫れと痛み、せき、関節痛・筋肉痛・全身倦怠感などの、
風邪とはまた違う特徴的な症状がいくつかあります。
潜伏期間が短く感染力がとても強いところもインフルエンザならではです。

毎年、冬の乾燥した寒い季節に流行しますが、
年ごとに違うウイルスが原因になっているため、症状も少しずつ異なります。

抵抗力の弱い高齢者や小児にとっては生命にかかわる合併症を起こしてしまうこともあります。
本格的なシーズンが到来する前に予防接種を受けておくなど対策が必要です。

 

インフルエンザの原因と種類

インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスです。
インフルエンザウイルスにはさまざまなものがありますが、
A型、B型、C型の3種類に分類することができます。

これらの中でも大流行したり、重症化を招いたりしやすいのがA型とB型です。
とくにやっかいなのがA型です。
A型は変異して新型が生まれやすく、そうなると予防接種が効かなくなってしまうのです。

ウイルス変異は定期的に発生しており、その後は世界規模の大流行が起きやすくなっています。
インフルエンザはウイルス感染によって広まります。
保菌者のせき・くしゃみによって空気中にまきちらされたウイルスを
吸い込むことでうつるのです。

冬の乾燥した空気はウイルスが漂いやすく、
そのためにインフルエンザの大流行も起こりやすい季節なのです。

 

病例

インフルエンザは感染して2日前後と比較的早めのうちに40℃近くの高熱が出ます。
ついで全身のだるさ、悪寒、関節痛、筋肉痛などインフルエンザならではの倦怠感を
抱くようになります。
一方でせき、のど、鼻水など風邪症候群らしい症状も出ます。

年によっては胃腸に影響するインフルエンザが流行することもあり、
腹痛と下痢を繰り返すつらい症状が続きます。
インフルエンザと一口にいってもその症例はさまざまです。

しかし、いずれにしても食事がのどを通りにくく水分を失われがちなので、
非常に体力を消耗します。
かぜにしては重く、多くの人が二度とかかりたくないと感じるのも無理のないことなのです。

 

検査と診断

インフルエンザの検査は、インフルエンザ診断キットで行います。
検査は鼻やのどの粘膜を綿棒でほんの少し擦り、試薬につけて反応を見るという簡単なものです。
結果もわずか数10分で出ます。

診断キットで陽性反応が出た時は、ほぼ確実にインフルエンザに罹患しています。
しかし、問題は陰性の時です。
あまりに早いタイミングで検査してしまうと、
感染しているにもかかわらず体内でウイルスが十分」に増殖していないため
陰性になってしまうこともあるのです。

もし陰性が出ても、家族がインフルエンザを発症していたり、
その他感染を疑われる状況の場合には、後日再度検査することもあります。

 

起こりやすい合併症

インフルエンザはさまざまな合併症を引き起こします。
たとえば高齢者は肺炎を起こしやすく、
もし発症してしまうと呼吸困難や低酸素血症になり命にかかわる確率も結構あります。

一方、頻度は少ないにせよ、乳幼児は脳炎を起こすこともあり、これも生死にかかわる病気です。
もし一命をとりとめたとしても、重い後遺症を残してしまうことも少なくありません。
このように高齢者や乳幼児は重篤な合併症を起こすリスクが高いので、
インフルエンザにかからないようにすることが非常に重要です。

予防接種を効果的なタイミングで摂取できるよう
スケジューリングするようにしなくてはいけません。

 

インフルエンザの治療方法

主に抗インフルエンザ薬による治療を行います。
使用する薬は、リレンザ、タミフル、イナビルなどです。

これらは発病後48時間以内に服用する必要がありますが、非常に効果的です。
ウイルスの増殖を抑えるとともに、
肺炎などの合併症を併発するリスクも低いことが試験によって確認されています。

抗インフルエンザ薬の効き目は人によりけりです。
ある人には非常に効果的でも別の人には合わないということもあります。
自分に合った薬を正しく選択するのも大切なことです。

また、インフルエンザによる諸症状を抑えるための対症療法を行う場合、
ほかの風邪症候群と同様に、解熱鎮痛剤や抗ヒスタミン剤、咳止めなどを処方します。
なお、小児が一部の解熱鎮痛剤を服用した場合、
まれにライ症候群や脳炎を併発するという指摘があるため、
決して保護者の判断で治療を進めるのではなく、内科の医師の判断と指示に従うことが重要です。

 

インフルエンザが治るまで

インフルエンザは感染して比較的早くに高熱をはじめとした諸症状が出ます。
その後、個人差もありますが3日過ぎあたりから熱が下がり始めます。
炎症が強いタイプの時には、のどの痛みや違和感が長引きますが、
5日過ぎぐらいには起き上がれる程度には回復しています。

しかし、体力も元通りになりウイルスも抜けきるには1週間を必要とします。
それより早くに無理をすると自分の抵抗力も落ちがちですが
、まわりにうつしてしまう可能性もあるので外出はなるべく控えましょう。

学校などがインフルエンザの出席停止期間を1週間としているのはこのためなのです。
熱が下がると出かけたくなる気持ちも起きるかもしれませんが、
感染させるリスクを考えると1週間は自宅で待機することが望ましいのです。

 

費用

インフルエンザの治療にかかる費用は3割負担として、初診料+検査料で2500円程度です。
もし、インフルエンザを診断された場合は、
イナビルやタミフルなどのインフルエンザ治療薬の他に、解熱剤、せき止め、鼻水止めなどの
症状を抑える薬も処方されます。

5日分が処方されたとすると、薬代だけでも約1500円かかり、
あわせて4000円ほどは用意しておく必要がありそうです。
やはり、普通の風邪と比較しても費用はかかります。
予防接種を受けるなどしてしっかりと防ぎたいところです。

予防接種をしていてもうつることもありますが、
その場合は軽くてすむことが多く、けっして無駄にはなりません。

 

診察までの応急処置

インフルエンザのような諸症状が見られたらすぐに医師に相談することをおすすめしますが、
内科クリニックに行くまでに自分でできる応急処置もいくつかあります。

まず、寒気と熱を感じたらあたたかくして水分をたっぷりととるようにしましょう。
やがて高熱があがってくると思われますが、
熱さましシートなどを利用して頭部を熱から守るようにします。
全身倦怠感があらわれたらけっして無理をせず横になりましょう。

インフルエンザの時にはくれぐれも無理は禁物です。合併症のリスクもあるので、
できるだけのんびりと過ごしましょう。
嘔吐・下痢の症状がある時にはなおいっそう水分補給に注意して、
消化の良いもので元気をつけてください。

 

再発予防

インフルエンザは再発予防も大切です。
良くなりかけたところで無理をしてぶり返してしまったり、
A型の後にB型にかかってしまったりというケースも多々あります。

発症している時にはできるだけ安静にして過ごすようにしましょう。
栄養バランスが良く、
消化吸収の良い食物を摂って体力と抵抗力を十分回復させなければいけません。

しかし、体力が回復しなからといって人に会うのはやめましょう。
なぜならば、インフルエンザウイルスそのものはすっかり症状が消えた後でも
しばらく体内に残っているからです。

発症してから早くても1週間たってから通常の生活にすることが望ましいのです。
ゆっくりと治す姿勢がインフルエンザの再発予防のカギといえるでしょう。