発熱

発熱とは

発熱とは体温が37.0~37.5度以上に上昇することをいいます。
発熱は、体内に異常が発生したことを示す警報のようなものです。
熱の出方もさまざまで、37度前後の微熱が続くものから39度以上の高熱になるものまで状態や病気によって違いがあります。

発熱の原因

発熱の原因の多くは、ウイルスや細菌などの感染症によるものです。
それ以外にも脳の病気やホルモンのバランスの崩れなどでも発熱することがあります。

発熱の治療法

発熱の原因によりますが、ウイルスや細菌の感染症であれば、解熱剤や抗生物質を使用します。

発熱の注意点

一般的には、高熱の出始めの寒気のある時は、体を温める必要があります。
手足が温かく、顔色が赤みがありほてっている時は、頚部、額、わきの下などを少し冷やしてあげたほうが楽になることが多いです。
なお、水分補給も忘れないでください。