大人の喘息は増加傾向

近年、大人の喘息が増加傾向にあると言われています。かつては子供に多い病気の1つのように考えられていました。しかし現在では、大人の患者数は30年前の3倍近くに及ぶとまで言われているのです。
そこで、どうして近年急速に大人の喘息患者が増加しているのか、その背景にある問題について考えていきます。その原因の多くが、住環境の変化によるものです。ダニや花粉、ペットなどのアレルギー、そして住宅建材に使用される化学物質なども影響していると言われています。また、工場からの排煙や車の排気ガス、大気汚染やたばこなども原因として挙げられるのです。さらに、大人の場合に顕著にみられる原因として、ストレスがあります。ストレスそのものが直接の原因になるのではなく、ストレスが症状を誘発させる可能性があることが分かっているのです。
喘息を発症すると、息苦しさを感じたり、激しい咳に襲われるという症状を繰り返します。このような辛い症状を改善するには、耳鼻咽喉科などの医療機関で正しい治療を行うことが欠かせません。特に、西新宿にある耳鼻咽喉科には、高い実績と多くの症例数を誇り、数多くの患者を改善に導いている病院として評判になっているのです。