季節性アレルギーと喘息とは

最近では季節性アレルギーによって喘息が引き起こされることも珍しくはないと言われるようになりました。以前まではアレルギー性鼻炎や結膜炎を起こす原因になることはあっても、喘息を引き起こすことは少ないとされてきました。
しかし実のところ、喘息の人がアレルギー性鼻炎を合併していることは意外と多く、頻度としては全体の50~70%です。この数字は非常に高く、ほとんどの人が合併していると言えます。
元々ぜんそくの体質がある人は気管支が通常よりも過敏な場合が多いので、花粉やダニ、カビなどのアレルゲンに対してぜんそくを発症しやすいと考えられています。というのも、ぜんそくの原因はダニやハウスダストと言われているからです。
春が過ぎ、暑くなるとカモガヤ、秋になるとブタクサやヨモギといった花粉が飛散するようになります。季節性アレルギーを持っている人は、季節に応じて専門のクリニックで適切な治療を行うことが大切です。早めの対策によって、症状の悪化を防ぐことができるでしょう。
西新宿にある耳鼻科では、季節によって治療方法を変えているので、的確に症状を抑えることができます。もし何らかの症状が見られた場合には、気軽に受診してください。