喘息と鼻炎の関係

喘息とは、気道が慢性的なアレルギー性の炎症を起こす事で生じる病気です。空気の通り道である気道が炎症によって敏感になると、小さな刺激でも過敏に反応し、気道が狭まり反応が起こって咳や喘鳴などの症状が現れます。
喘息発作を引き起こす主な要因は二つあり、一つはダニやほこり、ペットの毛や花粉など特定の物資への過剰なアレルギー反応です。どの物質にアレルギー反応が起こるかは患者によって違うので、自分が何でアレルギーを起こすのか知っておく事で、ある程度発作をコントロールできます。もう一つの要因は運動やストレス、煙草の煙や天候などがあり、アレルギー反応ではありませんが、気道の炎症に何らかの影響を与える事で発作を誘発します。
喘息患者のおよそ7割弱は鼻炎を同時に発症しており、双方の疾患は深い関係にあります。二つともアレルギー物質に接触する事で免疫機能が過剰に反応する疾患であり、鼻からのど、気管と気管支から肺は一つで繋がっている事から、鼻炎を合併すると発作が起こりやすく、救急受診や入院が増える事が報告されています。そのため、鼻炎が改善すると喘息の症状も良くなる事が多いため、西新宿の耳鼻科では同時に治療する事を推奨しています。