喘息の日常の自己管理

喘息は子供の病気という印象が強いですが、実は大人になってからも症状を抱えている方は少なくありません。
子供の時に発病し、成長とともに症状が落ち着いてきたとしても成人してから再発することがあります。この場合は自分が喘息だという意識があるため気付きやすいですが、大人になって初めて発病する方の場合は単なる風邪だと思い込み、治療が遅れるケースがあるのです。普通の風邪は市販の風邪薬を飲んで効くことがありますが、喘息の場合は風邪薬で治るというわけではありません。夜間寝付いてから朝方にかけて酷い咳が続く場合は、速やかに医療機関を受診して検査を受けた方がいいでしょう。
喘息の方は発作を起こさないためにも日頃の自己管理が重要になってきます。風邪を引き金にして症状が起こってしまう場合があるため、日頃から風邪をひかないように気を付けなければなりません。特に気温の変化が激しい季節の変わり目は意識的に自己管理を徹底しましょう。
仕事や家庭のストレスが原因となる場合もあります。ストレスが溜まっていると感じたら上手に発散させることが大切です。
いつもの風邪と違う咳の症状が続いているという方は、お近くの耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。新宿周辺にお住まいの方なら新宿駅近くにある耳鼻咽喉科が便利です。