大人の喘息

喘息というと、子供がなる病気という印象あるかもしれません。しかし大人の喘息も決して少なくはないのです。子供は人口の約7%なのに対し、大人は約3~4%と言われています。
子供の頃のぜんそくが再発する場合もありますが、ほとんどのケースは成人になってからの発症です。特に40代以降の発症率が高く、生命にかかわる重大な発作を起こす人もいるため、油断することはできません。
大人の場合は咳が続いても、ぜんそくだと気づかずに単なる風邪だと自己判断してしまうことも珍しくありません。その結果、ぜんそくの症状が悪化してしまうことも多々あります。
違いを判断する方法としては、風邪は昼夜問わず咳が出ますが、ぜんそくは夜明けや明け方が特に激しく症状が出ると言われています。逆に昼間はまったく症状が出ないことも多いのです。
ぜんそくは早めの対応によって症状を抑えることができるので、もしこうした特徴のある症状を確認した際は、新宿にある耳鼻咽喉科に受診してください。
風邪だから問題ないと放置してしまうと、症状はどんどん酷くなってしまう恐れもあります。大人の喘息は怖い病気ですので、咳などの症状が発生した場合は、注意を払って生活するようにしましょう。