気管支喘息の治療薬の種類

気管支喘息は、主にアレルギー性の炎症によって気管支が狭くなるという疾患で、炎症が鎮静化しない限り発作の起こりやすい状態は慢性化してしまいます。発作が起きた場合は、空気の通り道部分の粘膜が様々な刺激に反応して炎症でむくみ狭くなり、その後痰がたくさん分泌されて気道を塞いでしまうので呼吸することすら困難となります。通常は数分間から数時間程度で収まりますが、激しい発作が長く続くことにより危険な状態になる場合もあります。

気管支喘息にかかる人は1960年代は子供も大人も1パーセント程度でしたが、最近の調査によると子供は約6倍の6パーセントへ大人は約3倍の3パーセントに増加しています。これは、アレルゲンの増加やストレスや過労が増えたこと、食品や住宅建材の化学物質などの複数の原因によるものと考えられています。

気管支喘息に対しての治療は、炎症を抑制する作用が高い治療薬や気管支を広げて呼吸を楽にする治療薬が使用されています。新宿の耳鼻科では、血液検査や呼吸機能検査、胸部X線検査などにより診断を行った後に、原因を特定してそれを改善するための治療が実施されています。また、喫煙やアルコールを止めるなどの普段の生活の見直しも治療の効果を高めます。