日本とドイツの花粉症の違い

以前、花粉症の症状が酷かった日本人がドイツで生活を送るようになったところ、日本では毎日苦しかった花粉症が、ドイツに来てからその症状がピタッと治まったという話を聞いたことがあります。これは一体どういうことなのでしょうか。この国に行ったことで花粉症が治ったと解釈しても良いのでしょうか。
このことを花粉症などのアレルギー症状に詳しい西新宿にある耳鼻科クリニックの医師に尋ねると、「花粉症に対して転地療法を採用した時と同じ状態になった」とのことでした。従って、この国に行ったからといって花粉症が完治するわけではないようです。では、日本とドイツでは花粉症においてどのような違いがあるのでしょうか。今回は、西新宿にある耳鼻科クリニックの説明をもとにして、この2か国の花粉症の違いなどを紹介していきます。

西新宿にある耳鼻科クリクックによると、ドイツの花粉症というのはイネ科の草やシラカバの花粉によるアレルギー症状が多いのだと言います。日本においてはスギ花粉によるものが多く一般的にも知られており、このスギによる花粉症が多い理由として、スギという植物が日本固有の針葉樹であり、南は屋久島から北は東北地方に至るまで、本州全域を網羅するように分布しているとのことで、我が国においては最も身近な木の一つでもあるのです。
一方、ドイツには日本固有のスギは分布しておらず、また我が国でスギに次いで多いとされているヒノキも分布していないため、これらが原因の花粉症が起こらないのだと西新宿の耳鼻科クリニックの医師は説明しています。
しかしながら、この国でも花粉症は存在しており、最も多いとされているのが「イネ科の植物」と「シラカバ」の花粉症だと言います。イネ科の植物とは、牧草としてこの国で多く栽培されている「カモガヤ」という植物が最も多く、このカモガヤの花粉は5月頃~8月の初旬にかけてが、最も多く花粉が飛散する時期だとしています。
また、西新宿の耳鼻科クリニックの医師によると、カモガヤなどのイネ科の植物においては、花粉相互の共通抗原性(同じ科に属するものにおいては、いつの抗原がアレルゲンのみに限らず、複数のものと反応すること)が非常に強いとしており、そのためこれらが飛散する5月~8月初旬ではあらゆるイネ科の植物の花粉に反応してしまうというわけです。そのため、イネ科花粉症と呼ばれています。
シラカバの花粉の飛散時期は4月頃~5月初旬がピークとされており、特にこの国ではこの時期に「五月祭」と呼ばれる行事があり、その際にシラカバの木を使用して飾り付けをした「マイバウム」を制作することになっており、シラカバの花粉症患者にはとても辛いものになるようです。これらの花粉の飛散時期については、その年の気象条件によって多少の違いがあるとのことです。
これらのことから、日本とドイツでは飛散する花粉の違いにより、花粉症の発症の有無も変わってくるということ分かります。

日本においては「スギ」による花粉が多いですが、その理由は分布範囲の多さだけではないようです。
西新宿の耳鼻科クリニックによると、スギ花粉症患者の半数以上は、「ヒノキ花粉に対して抗体を持っている」とのことで、複数の花粉に敏感に反応してしまう「重複感作」を引き起こしやすいと説明しています。これは、スギとヒノキの花粉の中にアレルゲンとなる抗原に共通性があるためで、スギ花粉患者でもヒノキの花粉に反応して症状が出ることが多いためだとしています。このような花粉相互の共通抗原性によってスギ花粉症患者が増加しているのだと、西新宿の耳鼻科クリニックの医師は言っています。
そして何より最も大きな理由として、「スギの爆発的増加」が挙げられると、西新宿の耳鼻科クリニックは伝えています。
現在、国民の約5人に1人が花粉症を患っているといわれており、現代における国民病の一つとも呼ばれるほどになっています。スギ花粉症が問題視されるようになったのは1979年頃と言われていますが、その背景には第2次世界大戦が関係しているとされています。
第2次世界大戦中には多くの木々が焼き尽くされてしまったため、終戦後の1950年頃には、復興のために大量のスギが全国規模で植林されました。これによりスギが成長し花粉を飛散する時期にあたる1980年代以降には大量の花粉が飛散するようになったのです。更に、近代化が進み自動車が街を走るようになると、地面に落ちた花粉が車が走ることで再び巻き上げられたことも、花粉症が増えている原因の一つとされています。
スギ花粉症の有病率を調べたデータでは、大都会の東京では20.4%、大阪では14.3%という結果が出ており、東京においては地方である山梨の26.9%と大きな差がないことが分かります。スギが少ない東京でも高い数値を示しているということは、それだけスギ花粉の飛散量が多いことが示されており、その飛散範囲も非常に大きいことが分かります。